相変わらずアップが遅いのですが4月11日は旧東海道をK隊員と
ポタリングしてきました。

今回は愛知県と静岡県の県境付近に残る東海道。

s-20200411_110833
国道一号線を愛知県豊橋市の東のはずれに向かって走っていくと県境
手前に一里山という交差点があります。
その名前のとおり東海道の一里塚にちなんだもので交差点のすぐ西側に
今も一里塚が残っています。
s-20200411_110853 (2)
一里塚は道路両側に整備されたそうですが今は片側しか残っていません。
s-20200411_110647
茂みに入っていくと、このように塚が残っていました。
s-20200411_114220
静岡県に入り東海道をたどっていくと白須賀宿があります。
古い家はあまりありませんが何となく古い宿場町だったと感じ取れます。
s-20200411_115332
白須賀宿を抜けるとすぐに太平洋が見えてきます。ここが潮見坂。
木々の間から見え隠れしているのは、かつての国道一号線です。
ここは大阪から出発して東海道をたどってくると初めて太平洋が
見えるところなのだそうです。
s-20200411_123503
遠くに太平洋が見えるのがお分かりになりますか?この辺りが
歌川広重 東海道53次 白須賀宿に描かれた潮見坂のモデルと
なった場所のようです。
以前は、鬱蒼とした樹木で薄暗い場所でしたが木々が伐採されて
明るくなっていました。
s-20200411_123926
東海道を東から西に向かい新居宿から白須賀宿に歩いてくると、
ここで大きく東海道は右に折れます。
s-20200411_123820
その先が潮見坂、かなりの登り坂が続きます。

今回は、ここで折り返しました。