6月20日は弟子が瀬戸の陶磁器資料館に用事があるという。用事は昼までらしいので、そのあと合流してサイクリングに行くことに。

コースは弟子をロードレーサーに慣れさせるために(まだ、ロードレーサーは数回しか乗っていない)昭和の森から交通量の少ない矢作川の川沿いの道を走ることにしました。

s-20200620_142453_LI (2)
↑昭和の森の北にある最初の小峠。弟子に遅れをとる・・・

s-20200620_152617
↑笹戸地区にて。やはり梅雨時のせいか水量は多い様子。

s-20200620_152629
↑アユのシーズンですが・・・覗き込んでも魚影は見えず。

s-20200620_161259
↑折り返し地点の小渡地区にて河原に降りて休憩。

s-20200620_155928 (2)
↑今回、私はリッチー スイスクロス(最近、こればっかり?)、弟子はメリダ スクルトゥーラ400

s-20200620_165727
↑帰路、何度も前を通りながら気が付かなかった水汲遺跡(みずくみいせき)に初めて立ち寄る。

s-20200620_165918 (2)

s-20200620_165856
↑↑、↑環状配石遺構など、なかなか興味深い遺跡でした。

前半、飛ばしに飛ばして私をちぎっていった弟子ですが後半は急に疲れが出たようで最後の峠では無口になっていました。まだまだペース配分がわかっていないようです。でも今の私より早いのは間違いない(泣)