先日、磯辺大塚古墳の記事を書きましたが、その探索の際、近くにある小浜町の小浜貝塚に久しぶりに立ち寄ってみました。

s-20200918_095412 (2)
↑小浜貝塚は小浜町の小浜神明社境内周辺に1号~4号貝塚と広がっています。まずは1号貝塚とされる小浜神明社を訪ねてみます。神明社でありながら一番手前の鳥居は明神鳥居ですね。(現在、14号貝塚とされていますが本来は一つのまとまった貝塚であったという考えもあるらしい)

s-20200918_095247
2番目の鳥居は神明鳥居になっています。このように複数の形式の鳥居が建てられているのは小浜神明社に天照大御神を含め四柱の神様が祀られているからでしょうか。

s-20200918_094722
↑拝殿と本殿をつなぐあたりに小浜貝塚の小さな標柱が建っています。

s-20200918_095125
↑かつては境内に広く貝塚の貝殻が広がっていたようですが現在は右手の小さな祠、周辺あたりが一番、貝が密集しているのが見られるでしょうか。
s-20200918_094754

s-20200918_095020
↑↑、↑ハマグリなどが多いようです。
時代的には縄文前期、中期、後期にわたって土器などの遺物が見つかっているようです。
境内周辺が1号貝塚とされているのは先に書きましたが境内の北の小川を超えたあたりが3号貝塚、境内の西側に2、4号と貝塚があったようです。少し見て歩きましたが現在は宅地化が進み貝殻はほとんど確認できませんでした。(明治時代の道路工事に使う為、大量の貝殻を運び出したという話もあるようです)