s-DSC03463

s-20201006_160214
↑↑、↑廃業した自転車屋さんからいただいてきたヴィンテージ振れ取り台(自転車、オートバイの車輪の「振れ」を取る道具)

ショップさんも新しい振れ取り台を使うようになり長年、倉庫に放置されていたため、ホコリとサビですごいことになっていました。これを見ると・・・誰ももらっていって使おうと思わなかったことも納得できます?()
でもタイトルには「レストア」と書きましたが少し大袈裟過ぎたかな・・・せいぜい「クリーニング」程度でしょうか()

s-20201006_160220
↑台座の部分には文字があるようですが、ホコリが厚く積もって、とても判読できません。

s-20201006_171650
↑しかし、長年、積もったホコリをブラシで丹念に落としサビを、かき落とすと、本体部のペイントは残っていて、こんなに綺麗?になりました。
当初はサンドブラストでもかけて再塗装になるかと思いましたが、このままの方が「いい味」でしょうか?(笑)

s-DSC03470 (3)
↑固着していた各部にも注油していくと問題なく稼動するようになりました。分解して真鍮ブラシでサビを落としネジ部にグリスを塗っておきます。

s-20201006_171812 (2)
↑日本では振れ取り台と言いますが英語ではADJUSTING STANDと言うようです。

s-20201006_171730

s-20201006_171722


s-20201006_171748
↑↑↑、↑↑、↑台座の部分には・・・

■■■■ MACHINE AND TOOL M.F.G.COMPANY L.T.D. NAGOYA JAPAN

の文字がありました。
■■■■の部分には、もともと文字があったようですが後につぶされているようです。
かつて大量に輸出されていた自転車と同じように、こういった工具類も外国に輸出されていたのかもしれませんね。