トレーニングに履いているミシュランタイヤが11月13日に、最終目標にしていた走行5500キロを超えました。実をいうと6000キロまで伸ばそうかと考えていたのですが家に帰ると間もなく後輪がペッチャンコ。パンクしていました。それで、これを機に、ご苦労様でしたとすることにしました。

s-DSC_2708 (2)
↑先に書いた通り、通算、5538キロを走行して家に帰るとパンクしていました。タイヤを点検すると小さな鉄片らしき物が。どこで踏んだかわかりませんが家まで帰れたのは、まだ運が良かったですね。

 

毎回書いていますが念の為。現在使用中のタイヤはショップの売れ残り品を使っているので前後別銘柄になっています。一本はミシュラン パワー オールシーズン25、もう一本はミシュラン パワーエンデュランス25です。エンデュランスは長期在庫品だったようで使い始めてすぐに全体にひび割れが発生してしまいました。

 s-DSC_2716

↑最終的にフロントに履いていたのはミシュラン パワーエンデュランス25。田舎ゆえ未舗装路もバンバン走ったせいかネーム部分までボロボロ。

s-DSC_2724
↑未舗装路を走ったツケでしょうかサイドも削れ危ない状況()

b1b37250

s-DSC_2723 (2)
↑↑、↑走行577キロ時の様子(ひび割れは長期在庫品の為でしょう)と総走行距離5538キロ時の様子。使用内訳はフロント3498キロ、リア2040キロ。

s-DSC_2718 (2)
↑摩耗限界を示すと思われる、くぼみ周辺はこんな具合。

 

 

s-DSC_2705
↑最終的にリヤに履いていたのはミシュラン パワー オールシーズン25。こちらもネーム部分までボロボロ()

a3550717-s

s-DSC_2715 (2)
↑↑、↑走行577キロ時のの様子と総走行距離5538キロ時の様子。使用内訳はフロントでの使用、2040キロ、後輪での使用3498キロ、総走行距離5538キロ。

こちらはリヤでの使用が多い割には、まだまだ使えそうな様子。フロントのパワーエンデュランス25がもう少し良い状態ならば、まだ走っても良いかという状態。

s-DSC_2710 (2)
↑摩耗限界を示すと思われる、くぼみ周辺はこんな具合。

 

ドライ路面はもちろん雨の日も何度か走りましたが自分程度の走りでは両方ともグリップに特に不満もありませんでした。

パワー オールシーズン25の方はパワーエンデュランス25に比較してリヤの使用が多いのにもかかわらず、まだまだ使用できそうな摩耗具合。それでもサイドの傷み具合などを勘案してこのタイヤセットは総走行距離5538キロで使用をやめることにしました。それでも、この手のタイヤで、これだけ走れれば、まあ経済的なタイヤであったと思います。また、両方とも25Cの太さのせいか乗り心地も良く未舗装路もバンバン走ったにも、かかわらずパンク回数も少なく(最後の最後にパンクしたけど)とても気に入っていました。

この次は、一応、新品で買って1000キロほど使用。その後、ほかのタイヤばかり使っていて(今回のタイヤなど)時間が経ってしまったタイヤを、ご紹介します。