以前、中古のロードレーサーを買って各部を点検していたところ、キレイに見えたイタリア製のヴィンテージ?ハンドルバーが大きく曲がっているのに気が付きました。
ほとんどキズもないのにもかかわらず下ハンが大きく中に曲がっていたのでした。

その事を競輪選手に嘆いたところ「競輪場にはハンドル修正機がありますよ」とのこと。

後日、同行してもらい、そのハンドル修正機で競輪選手に修正してもらうことにしました。

s-20201101_131646
↑これが、そのハンドル修正機!!!

s-20201101_131653
↑左のプレートには「ハンドルバー修正機 No.3」、「製造 バリー工業」とあります。また、右のステッカーには「取得日 1969..27」と書かれています。

どうやら1969年前後に製造されていた古い機械のようです。

製造した会社のバリー工業という会社は今では・・・

調べてみると簡単に見つかりました。

バリー工業HP⇒ http://valley-kogyo.jp/

今ではハンドル修正機は製造、販売されていないようですが競輪の発走機(競輪選手がスタートの際、自転車を固定する装置)など公営競技 競輪で使われる機械を作っている会社でした。

s-20201101_131638
↑ハンドル修正機の使い方は・・・

  1. 1枚目の画像の上方にハンドルバーの上の部分を仮置きし下の左右部分にある丸い所にハンドルの先端を通します。
  2. 次に、その状態でハンドル上部を、しっかり固定します。
  3. そして一番下にある、いかにも丈夫そうな軸の一番外側にある穴に付属の操作シャフトを通します。
  4. そして操作シャフトを回してハンドル下部の先端を曲げ戻したい方向に動かしてハンドルを修正するというものです。
  5. メジャーで測定しながらハンドル左右及び全体の寸法を測りながら微調整、修正していきます。

競輪選手の奮闘の、お陰で私のハンドルバーは・・・
確かにハンドル幅は表示通り戻りましたが途中の部分の微妙な曲がりが直しきれませんでした。
というか・・・「要するに曲がった部分と少し違うところが曲がることによってハンドル下部先端の幅はピッタリに戻った」のですがハンドルカーブ部分に微妙な「うねり」が出来てしまったのでした(泣)

やはりアルミ製の大きく曲がったハンドルの修正は難しいのでしょうか。

それ以上にアルミという素材上の特性で大きな修正は折損の可能性もあります。

まあ、60年代から70年代頃の競輪選手のハンドルはスチール製が多く少しくらいのハンドルの曲がりは修正してトレーニングしていたのでしょう。

競輪選手の友人が奮闘してくれたのに私のハンドルがキレイには治らなかったのは残念ですが、こういった機械が競輪場にはあって使われていたということ知ったのは興味深い経験でした。

余談ながらこの修正機で修正出来るハンドル幅は現在のロード選手に使われているようなハンドル幅では対応出来ないくらいに狭かったような記憶があります(正確な数値は忘れてしまったけど)。この機械が造られたのが古く今の選手のように体格の大きな選手少なかったこと、また競輪選手は集団の中で少しの間隔でも前に入っていくために狭いハンドルを使うことが多いからと思われます。