コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: レース、練習

市民祭(豊橋競輪場)、1000mタイムトライアルのスタート時の様子です。

今回、取り上げたのは元国体 愛知県代表のN選手

スタート時の画像は19枚、秒間5コマで撮影しているので4秒弱ということになります。
③④⑤で大きく前に出ている腰部分が⑦で今度は大きく(目いっぱい?)後退しているのが良くわかります。
④ほどではありませんが⑩で再び大きく腰部分が前に出ています。しかし⑫ではすぐに後退して、その後は回転が上がってくるので腰部分の前後振幅が早くなってくるのがわかります。まあ、だからどうだと言われても私には、よくわからないのですけど(笑)

↓①
s-DSC_2236 (2)
↓②
s-DSC_2237 (2)
↓③
s-DSC_2238 (2)
↓④
s-DSC_2239 (2)
↓⑤
s-DSC_2240 (2)
↓⑥
s-DSC_2241 (2)
↓⑦
s-DSC_2242 (2)
↓⑧
s-DSC_2243 (2)
↓⑨
s-DSC_2244 (2)
↓⑩
s-DSC_2245 (2)
↓⑪
s-DSC_2246 (2)
↓⑫
s-DSC_2247 (2)
↓⑬
s-DSC_2248 (2)
↓⑭
s-DSC_2249 (2)
↓⑮
s-DSC_2250 (2)
↓⑯
s-DSC_2251 (2)
↓⑰
s-DSC_2252 (2)
↓⑱
s-DSC_2253 (2)
↓⑲
s-DSC_2254 (2)
↓⑳
s-DSC_2255 (2)

スタートして一周、DHポジションをとり巡行スタイルに。

市民祭(豊橋競輪場)、1000mタイムトライアルのスタート時の様子です。

天狗党の、「かつて」の(失礼)絶対エース?T選手のスタート時。
(余談ながら天狗党が実業団登録チームであるのは彼の情熱によるもの)
アウト側スタートですがスタート直後(④、⑤、⑥、⑦枚目)わずかながら更に外側に膨らんでいますね。⑧枚目あたりからインに切り込んできているように見えます。
インに切り込みながら加速するのがセオリーかと思いますが力が入り過ぎてふらついたのか・・・ま、些細なことなんですけど(笑)
⑪枚目になると内圏線をなめるように走っているのはさすがです。
秒間5コマのモードで撮影していますが6枚目と7枚目の間は邪魔が入ったので(笑)6枚ほど(1秒強)画像がとんでいます。
最後の画像(⑪枚目)は一周してきて巡行状態に入ったところ。
最後の画像を見て(⑪枚目だけ先に見ています)本人は「DHバーの姿勢が高過ぎた」と申しておりました。

↓①赤、白色基調のチームジャージとフレームカラーの統一感がカッコいい?(笑)
s-DSC_2329 (2)
↓②
s-DSC_2330 (2)
↓③
s-DSC_2331 (2)
↓④
s-DSC_2332 (2)
↓⑤
s-DSC_2333 (2)
↓⑥
s-DSC_2334 (2)
↓⑦ ⑥枚目から7枚目の途中で邪魔が入り6枚ほど画像がとんでます。
s-DSC_2342 (2)
↓⑧
s-DSC_2343 (2)
↓⑨
s-DSC_2344 (2)
↓⑩
s-DSC_2345 (2)
↓⑪一周してきてDHポジションで巡行姿勢に入っていますね。
s-DSC_2353 (2)

前回の画像が好評だったので?若干1000mタイムトライアルの画像を追加します()

前回の記事を作っていて思ったのは

「なぜ、自分が、この日、このバンクを走っていないか」と言うこと。

確かに骨折もしたし左前十字靭帯も損傷、そのうえ大病を患い今も治療中なのだが・・・

だが次に思い浮かんだのは・・・

自分はもともとスプリンターでもなかったしタイムトライアルも得意ではなかったこと。

実業団登録選手だった時も国体の愛知県予選にエントリーしたが出走はしていない。

それどころか市民祭レベルでも、さしたる活躍はしていない。

そう、もともとヒルクライマーの自分はピスト競技が苦手でケガも病気もなかったとしてもピストでレースすることは、ほとんどなかったのだ。ちゃんちゃん(爆)
s-DSC_2151 (2)

s-DSC_2162 (2)

s-DSC_2167 (2)

s-DSC_2200 (2)

s-DSC_2208 (2)

s-DSC_2249 (2)

s-DSC_2278 (2)

s-DSC_2286 (2)

s-DSC_2305 (2)

s-DSC_2316 (2)

s-DSC_2343 (2)

s-DSC_2347 (2)

s-DSC_2386 (2)

s-DSC_2396 (2)

s-DSC_2411 (2)

s-DSC_2126 (2)


もう2週間(11月1日)も前のことですが豊橋競輪場で自転車競技の市民大会が行われました。多くのチーム員が参戦しているので久しぶりに観戦に行き写真を撮ってきました。しかし、もともと面倒くさがり屋なのと自分が主催する古典ロードの告知の都合もあって今頃になって画像を整理しアップしました()

s-DSC_2177 (2)

s-DSC_2257 (2)

s-DSC_2282 (2)

s-DSC_2192 (2)
↑↑↑↑、↑↑↑、↑↑、↑この4台は自分が組付けを手掛けているので特に調子と成績が気になります。

↓以下は、競技の様子を18枚ほどアップしました。

 s-DSC_2354 (2)
s-DSC_2328 (2)

s-20201101_135722 (2)

s-20201101_135724 (2)

s-DSC_2059 (2)

s-DSC_2455 (2)

s-DSC_2470 (2)

s-DSC_2478 (2)

s-DSC_2488 (2)

s-DSC_2491 (2)

s-DSC_2503 (2)

s-DSC_2513 (2)

s-DSC_2518 (2)

s-DSC_2530 (2)

s-DSC_2561 (2)

s-DSC_2568 (2)

s-DSC_2571 (2)

s-DSC_2583 (2)


8月の日曜日は、ずっと同じ行動パターンで過ごしてきた。と言うのはコロナの影響で楽しいお出かけプランも気が引けるし長距離サイクリングに行くには暑すぎるし何より未だに脚がない(泣)

s-DSC03272 (2)
↑そこで、8月の日曜日はチーム練習に参加している。脚がないのに猛者が集うチーム練習になぜ参加しているかと言うと・・・このコース、一周が3キロ程度なので千切れてもタラタラ走っていれば、また追いつかれて、それほど、さびしくはない?のだ(笑)仲間に抜かれる際に?一瞬でもペースアップを図りながら、また、そうやって何とか距離を稼いでいる()

s-20200830_111004
↑それと、ほとんどのメンバーは朝、しっかり競輪場を走ってきているので、ここでは、それほどガツガツ走らず休憩も多い()また、ここは、ちょうど良く橋の下に車を置けて日差しもさえぎられるので多少は涼しいこともある。

s-20200830_091945
↑ただ、ここでの練習会は競輪場の後なので10時頃スタート。自分は競輪場にはいかないので(今は行っても走る脚がないので)練習会の前には堤防道路を20キロほどポタリングする。

 

それにしても手術から一年を過ぎ(7月手術)自転車トレーニング再開(9月半ば再開。当初は3キロから5キロくらい走るのがやっとだったが)からも一年になろうとするのに全然、体力が回復しない・・・(泣)

このページのトップヘ