コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: クルマの話

s-DSC_1041.JPG 2

s-DSC_1043 - コピー
10月某日、信じられない幸運に恵まれました。

コルサの昔からの憧れ、ホンダS800に地元のホームコース?で試乗させていただけるというのです。

オーナーのY氏は、お忙しいところ、わざわざ、関西方面から愛知県にお越しになり私に試乗の機会を作ってくださるというのです。

こんな、幸せは滅多にありません。Y氏には感謝、感謝です。

 

s-20211021_144415

s-20211021_144404
元々のエンジンのスペックも直列4気筒DOHCに京浜CVキャブレター4連装、791ccの排気量から8000回転で70馬力を絞り出すという60年代中頃のクルマとしては驚異的なスペックですが(いつの時代にしても驚異的ですが)、このY氏のクルマはサーキットで日本最速のSを走らせているというメカニックが腕によりをかけて仕上げた公道スペックなのだそうです。

その詳細は控えますがスペシャルメイドのスリーブにより排気量を約900ccまで上げハイカムなどを組み込むことにより素晴らしい仕上がりになっていました。

このエンジンの仕上がりは素晴らしくオーナーいわく「レブリミットは1万回転」!!!

実際、峠道で何度か9000まで回し最高9500まで回したと思いますが、ほとんどストレスを感じず、ただただ電気モーターのように滑らかに回転をあげていくのでした。

しかし、55年前の小排気量のエンジンにハイカム入れてチューンと聞けば、また1万回転までストレスなくふけあがると聞けば低回転ではトルクが細く乗りにくそうなエンジンを想像しますが、これまた、まったく問題ない仕上がりでした。運転を交代した直後の市街地のストップ&ゴーでも扱いづらさは全くありませんでした。

今回は市街地からハンドルを任され完熟走行の後、若かりし頃、ホンダCR-X SiでFF最速を競って戦った?勝手知ったる某峠道で総合的な走りを味わうという得難い体験。

期待がふくらみます。

 

s-DSC_1042
と、その前にコクピットの様子から。

アルミのパネルと赤い内装は本来、S600の物だそうですがオーナーの好みで変更されているとのこと。これは私も好ましいと思いました。ステアりングも小径な物に変えられていましたが特に重いとは思いませんでした。ステアリングの配置(車体中心部にオフセット)とペダルの配置(車体右にオフセット)とは少し癖のあるものでしたが、すぐに慣れました。私が普段乗るスーパーセブンの狭いペダル配置に比べれば安楽な物でフットレストがあるのが有難かったですね。

ただ、最後までなじまなかったのは、これまたスペシャルなシフト。本来は4速の物を、これまた5速に改造されていたのでした(レーシングパーツではない)

1速が左手前に来て、その右にHパターンで2~5速が配置されているのですが2、4速が前方で3、5速が手前に来ます。峠道では、どんな車でも2、3速が中心になると思うのですが2速が前方で3速が手前というパターンには慣れることが出来ませんでした。

慣れないと言えばヒール&トウもうまく出来ず前述のシフトパターンもあり回転を合わせて2速に落としてタイとコーナーに侵入するという一連の操作がイメージ通りできず残念でした。
そうそう、コーナーの入り口でアクセルを全閉してから加速に移るところも、少しぎくしゃくしてしまって、もう少し滑らかに操作したかったですね。これは助手席に乗るオーナーも気になったのでは。

旧車でよく聞く難点と言えば何といってもブレーキでしょうか?ただ、このクルマは特に不満は感じられませんでしたし冷えた外気の中でヒルクライムの10キロくらいでは何の変調もありませんでした。もう少しタイトなブレーキングで車の姿勢も一気に変えられそうな気がしましたが、さすがにオーナーが隣に乗っているので試すことは出来ませんでした。もう少しコーナー奥までブレーキを我慢してから踏んで荷重が前輪にかかったところでステアリングを切り始めて、ゆるやかに、でもクイックにテールが出てきて・・・うーん、試してみたい()

それから驚いたのはステアリングのクイックで旧車にありがちな反応が鈍かったり感触がグニャグニャしたところが一切ないのも素敵でした。

ホームコース中盤のストレート気味でスピードが上がったところ(29500回転?)でブレーキングしながら左のガードレールいっぱいまで寄せて右に切り込んでいく。キャッツアイを決して踏まないがタイヤサイドでキャッツアイを触るくらいにギリギリまで右に寄せたところで今度は一気に左コーナーに切り込んでいく。そしてすぐに軽く右に切って立ち上がるところ。最高でした。

今回はオーナーがナビシートに座っていたのと最初の右コーナーに、少し水が出ていたので、かなり減速しましたしキャッツアイ、ギリギリにインも攻めませんでしたが面白かった。この身軽さとフットワークなら、この右、左、右のタイトコーナーの連続で大排気量スポーツカーでも引き離せるのでは()
ハンドリングが素晴らしかったと書けば、脚まわりにも触れなければなりませんが、若干ノーマルより車高が下げられていること以外、詳細は確認し忘れました。もちろん、いろいろ手が入っているのでしょう。
s-20211021_144819 (2)11
そうそう、よく間違えられるのはクルマ好きの方はホンダSシリーズが特異なチェーンドライブで後輪を駆動していたという情報。
もちろん、それは事実でS500からS800にもチェーンドライブがありますが後期には5リンクリジッドになっています。このクルマも5リンクリジッドで当然ですがチェーンドライブの癖はありませんでした。
その他、クラッチも違和感もなく重くもありませんでした。クラッチの接続具合も自然で半クラッチからつながっていく時の駆動系の剛性感も不満はありませんでした。

さて、散々、ほめまくってきましたが、それでは欠点はなかったのか?
「はい、ありませんでした」(笑)

 まあ、あえて言えばボディの剛性感でしょうか?路面の悪い所では車体がブルブル震えるのが感じられましたが、まあ、これも55年も経ったオープンカーと注釈を付けなくても、大したマイナスポイントにはならないレベルでした。


s-20211021_144852

そう言っては何ですが、今回乗せていただいたS800は・・・多分、新車のS800よりも優れていたのではないかと思います。
試乗から数日たちましたが、あの素晴らしい身のこなし、滑らかに回っていくエンジン、山々にこだますホンダミュージックが忘れられません。
こんな貴重な機会を与えてくださったY氏に、もう一度、感謝、感謝です。
ありがとうございました。

サイクリング途中に見つけた古い4輪、2輪をご紹介していく、このシリーズ?今回は、ホンダS600です。

ただ、今回はサイクリング中に見つけたわけではありません。

実は、このクルマ、約40年前から存在は知っていました。

持ち主は自転車チームの先輩で、町のクルマ屋さんを営んでいます。

約40年前に一度、修復されたのですが、その後、シートを掛けて、しまい込まれてしまい長いこと見ることはありませんでした。

s-20210720_165027
↑ヘッドライトのカバーも付いていますし、製造は、どこか、わかりませんがハードトップ仕様になっています。

自分の父はホンダの下請けでカムシャフトやクランクシャフトなどを作っていて無限やホンダF-1(セナ、プロ時代)のカムシャフトも手掛けていたようです。

そんなこともあり大のホンダファンの私は20代の頃(ほぼ1980年代)からホンダ スポーツが欲しくて仕方なかったのです。しかし、残念ながら、ついにホンダ スポーツのオーナーになることは出来ませんでした。

s-20210720_165051
↑今回のレストア、まずはホイールから始めたようです。ホイールの塗装やり直しの後、新品のタイヤを入れるのですね。

s-20210720_165100
↑車体の上には予備のフロントウィンドウが載っていました。

 

自分も何度か買いそこなったS600(S800)、知人のレストアの進行が楽しみです。

6月20日は新城エンスーカーミーティングというイベントに参加しました。

このイベントのことは以前から知っていましたが今まで休日は自転車活動重視?だったので参加は初めてです。
というかクルマイベントにセブンさんで参加したのは・・・かれこれ10年以上ぶり?()

s-20210620_062508
s-20210620_062832
s-20210620_062954
s-20210620_063138
s-20210620_064035 (2)
s-20210620_064048 (2)
興味深いクルマが沢山参加していて面白かったです。


s-20210620_070814 (2)
うちのセブンさんは右から二番目の黒色のクラムシェルフェンダーです。

セブンオーナーの方は画像以外にも何人かお見えになり皆さん「初めまして」の方ばかりでしたが、とてもフレンドリーな方ばかりで、とても楽しかったです。

このミーティング、ただ集まってお互いのクルマ談議に話を咲かせるといった、ゆるーいもので気楽に参加できてかえって良いと思いました。

ただ、他の公園利用者に迷惑が掛からないように朝5時から開始、7時過ぎには、ぼちぼち解散なのです。

朝が早すぎます!!

うちからは会場の新城総合運動公園まで1時間近くかかります。

となると4時自宅出発!!こんな早朝に家で十分な暖機運転は出来ません!!

今回は自宅から400m離れた大きなスーパーの駐車場まで移動し十分暖気してから出発しました。(30分以上遅刻して到着)

次回は、どうしようかな~、朝起きれるかどうかだな()

サイクリング途中に見つけた古い4輪、2輪をご紹介していく、このシリーズ?今回は、マツダのキャロルです。

s-20210523_093825
↑実は、このクルマ最近見つけたわけではありません。

いつ頃見つけたか、はっきり記憶はありませんが10年以上は経っていると思います。

ここは、かつてのトレーニングコースで、いつも飛ばしていたので?じっくり見る機会がなかったのです。

s-20210523_093720
↑小さな360
cc時代のボディですが4ドア仕様ですね(2ドア仕様が最初にデビュー4ドアが追加)

販売は1962年~1970年だったそうで私の小学生時代はスバル360、ホンダN-360、スズキ フロンテなどと合わせてよく見るクルマでした。かつてはブルーシートが掛けられロープで縛ってあった痕跡がわかります。

s-20210523_093650
↑反対側から。リヤウインドウがクリフカットと呼ばれるタイプでリヤガラスがほぼ垂直に立った独特のデザインです。背後にうず高く積まれているのは自転車のタイヤです。なぜ、ここに自転車のタイヤが積まれているのか?背後の倉庫に何が入っているのか?ここに人が居たことも開いていたこともないので不明です。でも自転車のタイヤが大量にあるところを見ると近隣の自転車屋さんの廃材置き場かも?だとすると建物内部には自転車のお宝があるかも?(爆)

s-20210523_093848
↑フロントに回ってみましょう。フロントにはグリルがありません。実は、このクルマリヤエンジンリヤ駆動なのです。最初の画像を見るとリヤ、リヤフェンダー後部にルーバーが切られているのがわかります。ここから熱を逃がしたり冷却用の空気を取り入れていたのです。

s-20210523_093857
↑すでに鉄板もかなりさびているように見受けられます。レストアは余程、熱意がないと厳しそうですね。ボディパネルもサビが進行しているので部品取りしても使えるかどうか?

s-20210523_093634
↑置かれているのはこんな場所。国道からは一本入った田んぼの中の道。地元の人の抜け道として交通量は多少あります。でも買い取ろうという人はいなかったのでしょうか・・・

s-DSC02735 (2)
↑前回に続き今回もミゼットⅡのカスタム車をご紹介。
ただし、今回の車両は偶然、見かけたもので「その1」のA氏のもう一台ではありません。
その1のA氏の車両は「カーゴボディ」でしたが今回の車両はトラックタイプの「ピック」です。

ドアに「WOODY FORD(1935-1937)」の文字があります。
WOODY FORDというのは1930年代から1940年代(あるいは、それ以降)にアメリカのフォード車がドアやサイドパネルの縁にウッド(木材)を貼ったクルマの総称です。
このミゼットⅡはそのウッディ フォードをモチーフに制作されたカスタム車のようです。
s-DSC02736
↑前後バンパー、フロントグリル、荷台のあおり、後輪とドアの間のパネル?にウッドが使われています。
本家のウッディ フォードはドアの縁取りなどにウッドが貼られていましたが、さすがにそれは難しかったようです。
フロントに置かれていたスペアタイヤはウッドグリルで邪魔になり?荷台のサイドに置かれていますが、この置き方も古いピックアップトラックや軍用車両などに見られるモチーフで悪くないですね。
もともとのクルマのキャラを活かしたカスタムで楽しい雰囲気に仕上がっていると思います。

このページのトップヘ