コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: 天狗党カップ

天狗党カップ 第4戦(通算 第284戦)

コース(山岳周回 雨山コース)
ここのコースは一周約6キロ?
スタート&ゴールは峠の頂上。
スタートするとすぐに急斜面の下り+高速コーナー2ヶ所。
突当りを左折すると今度は緩斜面ながら長いくだりになる。
下りきった所からは今度は緩斜面の長い登り。
緩斜面の後半からゴールまでは12%を含む急斜面の登りとなる。 
登りの力が必要なのは当然ですが緩斜面の長い下りを高速で下るスピード力も必要なコース。



イメージ 1

画像は1周目終了直前
赤いキャップの「やる気会」4名に青いキャップの「お楽しみ会」の
先頭集団が喰らい付いている状態。
中央、赤いキャップの間の青いキャップがコルサ。
ここから急斜面の下り、緩斜面の下りでは何とか付いていったが
緩斜面の登りに入ってまもなく千切れる(笑)

レース結果は「天狗党HP」内、目次から「天狗党杯」にて




さて、それでは「お楽しみ会」コルサを中心としたレース展開を。
今回は5周回。
一周目は「ゆっくり」と言ったものの指名したペースメーカーが「やる気会」の
ヒルクライマー(伊吹山ヒルクライム入賞者)だったせいでスピードは速すぎ(笑)
2周目に入る峠で「お楽しみ会」の先頭集団は既に5人(M隊長、K合、K藤、Y田、コルサ)

ここでK合のチェーンが完全に外れコルサは「ほくそ笑む」が奇跡的に
ギヤにチェーンが、かかり停止せずに復帰する、残念(笑)

2周目の緩斜面登りに入ったところでコルサが最初に脱落。
だが、すぐにK藤、Y田も集団から切れる。

2周目後半、先頭にM隊長、K合、かなり離されてK藤、少し離れてY田、また少し離れてコルサとなる。
この時点では後方6、7位もそれほど離れてはいない。

3周目の緩斜面登りでコルサ、Y田に追いつく。緩斜面登りの後半で抜きにかかる。
前に出れば簡単に引き離せると思ったがY田にピッタリ追走される。
しかしゴール前の峠ではY田を一瞬、離すことに成功。

4周目に突入、Y田を少し離して急斜面の下りに入る事が出来たので
このまま、3位、K藤を単独で追走するしかない、と思っていたら緩斜面の下り後半で
Y田に追い付かれてしまう。
こうなったら単独で前を追走するのは、やめてY田の力を出来るだけ使って
K藤に迫る作戦に切り替える(笑)

緩斜面の登りに入るところでY田の後方に付く。
弱いものの向かい風が感じられる区間をY田の後ろで避け脚を少しでも
温存しようという「姑息」な作戦である。

3位のK藤も意外に消耗しているのか間隔は、どんどん近づき、その距離200mをきったか?
12%の登り手前でコルサ、ペースアップ、今度こそY田を引き離して
4位を確定的にする作戦に出る。
緩斜面の登りで、あれだけ前を引いてもらったので、すぐに引き離せると考えたのだが
Y田、粘る、粘る(笑)

4周目終了直前の登りでK藤は一気にペースアップしたようで間隔は一気に広がってしまった。
後ろのY田も引き離せない。

残りは、後一周。
まず3位、K藤に追い付く可能性はほぼ、消滅。
こうなったらゴールで確実に4位を取る作戦しか残されていない。

3、4周回の様子からY田は緩斜面下りのスピードはコルサより確実に速い。
登りでも前に出ることは出来ても、そこから一気に突き放すことは出来ない。
こうなったらヒルクライムゴールスプリントしかない(笑)
ゴールまでは、ずっと登りなので最後の最後、ゴール直前の登りスプリントでかわして、
そのまま前でゴールする作戦だ。

5周目に入る直前の峠頂上で、わざと速度を落し気味にしてY田に先行させる(笑)
峠からの高速の下り(+コーナー)はコルサの最も苦手とするところ。
ここでは出来るだけ離されない様、ついていく。

緩斜面の下りでは付いていくのがやっと、先ほどの周回で先行しながら追い付かれたのも納得がいく。
緩斜面の登りに入っても前には出来るだけでない(笑)
というか、ここで右の膝とふくらはぎに違和感発生(足がつる寸前の感覚に似た状況、最近、
悩まされている症状だ)で踏み込めなくなってしまう。
なんとかY田についていく。K藤は、もうかすかに見えるほど遠くなってしまった。

緩斜面の登りでおとなしくしていたせいか幸い脚の違和感も若干やわらぐ。
勝負はゴール直前だ。
最後の最後、Y田をかわして前に出て4位ゴール。
結局、4位とはいうものの最終周回は5位になったY田に、
ほとんど前を引いてもらった形だ、情けない。

(K藤は最後の最後で、落ちてきたK合を捉え逆転、2位になったとの事、がんばったね)

それにしても得意のはずの登りで、この状態では次回の平坦コースではどうなることやら。

イメージ 2

※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※

天狗党カップ第3戦(通算 第283戦)

19日に天狗党カップを行いました。

今回のコースは愛知県新城市の本宮山を登るもの。
最初は国道301号線で、後半は旧有料道路のスカイラインを走ります。
距離にして約10キロほど、後半のスカイラインでは10%前後の坂が
たくさんあるというヒルクライムコースです。
(スカイラインは冬季対策のせいか路面が粗くて、それも辛い)

今回は画像のみで、解説?はありません。
少し忙しいので(本当は負けたので)?手抜きしちゃいました。


なおレース結果は主催者発表のものとご照合ください(笑)

自転車競技チーム「天狗党」のホームページ


レース結果はトップページの左側、目次の中の「天狗党杯」をクリックすると表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※

今日は天狗党の仲間達とサイクリングに行ってきました。

メンバーは豊橋市役所近くのK林君の店の駐車場からスタートしますが
先週のサイクリングで脚を痛めたコルサは大事をとって途中から合流することにまします。
(距離を短くする為)

豊橋市の南東、二川付近で無事?合流。
一路、東へ向かって進みます。
追い風の、おかげで調子は良いのですが帰りの向かい風が怖い(笑)

今日の予定は浜松の西側にある浜名湖南側の、舞阪の人気店で昼食を食べることです。



イメージ 1

追い風のおかげかペースも速く、昼食には、まだ少し早いので途中、
湖西市鷲津の本興寺に立ち寄ります。

この本堂は国指定の重要文化財で16世紀半ばの建立だそうです。
屋根が萱葺きなのが変わっていますね。



イメージ 2

例によって食事の写真は取り忘れ(笑)
画像は舞阪漁港にて。
背景、左側が本日の目的地、食事処「魚あら」さん。

ちなみに、このあたりが江戸時代の東海道「今切れの渡し」(今切渡船)の
舞阪側(東側)の船着場であったらしい。
その為、近所には「渡荷場跡」(とうかば)などの説明版があります。
(渡荷場とは輸送用荷物の積み下ろしをした場所)



イメージ 3

東海道「舞阪の宿」にある、「脇本陣 茗荷屋」(みょうがや)

この建物は古い材木をいかして1997年に改修復元されたもの。
内部は公開されていて(無料)説明をしてくださる方もいます。



イメージ 4

中に入ると、こんな感じです。
先の画像の通り、間口は狭いのですが奥行きはかなりあります。
出入り口から、奥の「上段の間」をながめています。



イメージ 5

どんどん、奥に行って、ここが「お殿様」の座布団。
(先の画像の奥側から見たところ)

ここには、現代でも我々、下々の者は座らせてはもらえませんでした(笑)



イメージ 6

浜名湖 弁天島にて。
浜名湖の干潟に立つ大鳥居をバックに。
後ろを横切るのは旧浜名バイパス。(国道一号線)

このあと弁天島から「新居の宿」を通り、豊橋を目指します。
ちなみに先ほど書いた舞阪の船着場から出た今切渡船は現在の新居関所の
すぐ東側に着いたそうです。
現在では新居関所から浜名湖までは少々、距離がありますが長い間に少しずつ
埋め立てられたのでしょうね。

今日は浜名湖でサイクリングイベントがあったので、新居周辺では多くのサイクリストと
すれ違いました。



イメージ 7

そして、新居から旧東海道(旧浜名街道)を通り、ついたのが旧東海道「白須賀宿」
画像は白須賀宿の元町地区。
もともとは、この元町地区が宿場だったそうですが1707年の地震と津波で壊滅的な
打撃を受け移転したのだそうです。
この場所には大正13年の道標があり「右旧道 左新道」の文字があります。
「左新道」は浜名バイパスが無料化される以前のメイン道路だった旧国道一号線になります。
大正時代頃までは江戸時代からの旧東海道が使われていて大正時代に昭和の国道一号線と
ほぼ同じ位置に新道が作られたのでしょう。

我々は、もちろん?旧道(旧東海道)を行きますが、
それにしても、みんなの視線は何を見ているのでしょう・・・・・。



イメージ 8

そう、みんなの視線は、この急坂を見ていたのですね。
これが旧東海道の難所のひとつ、「潮見坂」です。
この坂、たいした長さはないと思っていたのですが意外に距離があって(笑)



イメージ 9

潮見坂を登りきると、こんな素晴らしい景色が。
もちろん、見えるのは太平洋(遠州灘)、旧国道一号線。
かつては国道一号線として交通量の多かった場所ですが、先にも書いたとおり浜名バイパスが
無料となり国道一号線のメインとなった今は、ほとんど車が写っていません。

この潮見坂は国道一号線時代の難所であり、また長距離トラックドライバー相手の食堂が
立ち並んでいましたが最近は寂しくなってしまったようです。


また遠州灘を眼下に、遠く富士山も望む事が出来た、このあたりは、いにしえからの
名勝地であったらしく鎌倉公方 足利義教も、この地で休憩し歌会を開き
自ら歌を詠んだといいます。
そのほか明治天皇行幸の碑なども立っています。

1707年の津波と地震の後に移転することになった白須賀宿は、潮見坂の上の、
この場所から少し西側に開かれました。



イメージ 10

さて、白須賀宿から次の宿は二川宿です。

二川宿には馬場本陣が改修復元工事を受け一般公開されています。

今回、我々は本陣には立ち寄らず、本陣からすぐ近くにある
和菓子屋の中原屋さんに直行(笑)
麩饅頭(ふまんじゅう)等を買い求めました。


さて、コルサは二川宿の近くに車を置いていますので、この先で皆と別れます。

今日の復路は 舞阪宿~新居宿~白須賀宿~二川宿 と旧東海道の宿場を通ってきました。
比較的、地元でありながら若い頃は国道一号線などを通るばかりで(車も自転車も)、
ほとんど通ったことがないところでした。

みんなと、ゆっくり走って、ゆっくり食事して地元を再発見、
今では、こういったサイクリングがいいなぁ。

ちょっと前までは、みんなと走るといったら、
アタックの掛け合い、千切り合いだったもんなぁ(笑)

天狗党カップ第2戦やる気会の画像をアップします。

「天狗党、やる気会」は現役プロ選手から実業団登録選手を含む本気?のレースクラスです。



イメージ 1

やるき会、一周目の様子。
向かって左からヒルクライマー修行僧O氏、初参加N山君、有力者O川さん、
今季調子登り坂?K崎君、元イタリアチーム所属K林君



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

K崎君の力強いダンシング。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

前、2回目の参加、M崎君。後ろ、K崎君。
M崎君、3位。K崎君5位。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

O川さん、いつもダイナミックな走り。
今回は4位。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

スーパースプリンター 世界のM井君、登りは苦手?・・・今回7位。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

実業団、T部、まだ走り込みが足りないようで今回はリタイア・・・大丈夫かよ。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

今回、初参加のN山君。高校競技部出身、さすがの今回初優勝。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

前、N山君、1位。後方、K林君、2位。
イタリアで走っていたK林君も最近、力を取り戻しつつある。
今後もN山君、勝ち続けられるか。

少し遅くなりましたが
11月23日に今年度の天狗党カップ最終戦を行いました。

今回のレースはデュアスロンでした。

内容は
①1.8キロのラン
②2.6キロのコース×5周(13キロ)自転車
③1.8キロのラン
④2.6キロのコース×5周(13キロ)自転車
としました。
合計するとランが3.6キロ、自転車が26キロとなります。

レースの結果、年間ポイントランキングは天狗党HPにて
http://www2.starcat.ne.jp/~tengu/




今回は、レースの模様を画像にて。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

このページのトップヘ