コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: 天狗党カップ

天狗党カップ第9戦を行いました。
コースは雨山山岳周回コース (ちょっと、おおげさか)

前回は総勢25人も集まった天狗党カップですが登りコースになると途端に
参加者が少なくなるのが、最近の天狗党カップで・・・
まあ、今日はいろいろ他にもイベントがありましたからね。
登りのせいだけではありませんよね。



今回は両クラスとも5周回にしての一斉スタート。

でも最初の一周にはアップもかねてスローペースで行く約束だったはずだが、
既に先導役のO氏には「火が入ってしまって」ペースがどんどん速くなる(笑)
一周目を終えるころには、既に後続は息も絶え絶え(笑)



イメージ 1

先頭集団の「やる気会」、O氏、O川氏、「お楽しみ会」のM隊長。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

まずは「やる気会」様子からレポート。

やる気会のO氏が走りなれた、このコースでアタック。

このコースは下りきってから、ずっと緩斜面を登ってきます。
後半12%の斜面を登り左折してからも、更に登ります。
疲れがピークに達するこのポイントでO氏はアタックしたとのこと。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

先頭のO氏を追う、2番手のO川さん。

それにしてもO川さんのクオータ、ハンドルとサドルの落差が凄い。
ヨーロッパの選手のポジションを見ているようで格好いい。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

この画像はゴールシーンではないが後方に小さくO川氏が見える。

結局、登りに絶大な自信を持つヒルクライマーO氏が独走で優勝。
オールラウンドで速いO川さんだが登りがきつい(12%区間あり)、
このコースでO氏には追い付けなかったとのこと。



※ 続いて、「お楽しみ会」の様子




[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

一周目、先頭集団から、少々遅れて「お楽しみ会」2位を走るK合君
後方に3~6位の選手が見えます。
この時点でクラス1位のM隊長はやる気会の二人と先行しています。



イメージ 2

一周目、K合君にやや遅れて「お楽しみ会」のN島さん、N川さん、コルサ。
K鬼君は、少し離れてしまっています。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

K合君を追走する、N島さんとコルサの二人。
二人とも第三代、天狗党ジャージを着用。
2周目の登りでN川さんは、この二人についていけず脱落。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

レース開始直後は単独で「やる気会」のトップ二人に付いていった
M隊長だが、さすがにちぎられる。
しかし、さすがM隊長、単独になってもハイペースで周回をこなしていく。

M隊長、新調したばかりのサーベロが格好いい。
ホイールはマビックのディープですね。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

三周目、コルサはN島さんを振り切り単独3位に浮上。
その勢いで2位、K合君にも追い付く。
このあと、コルサは一旦、K合君を抜くが、
K合君が再度、突き放しにかかるとコルサは付いていけず。

画像の後方に小さくコルサ、それから更に後方にN島さんが見えます?



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

やはり体重増?か、登りで苦戦するK鬼君。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

N川さんも新調したピナレロで力走、
しかしピナレロをもってしてもコルサ、N島についていけず(失礼)



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

S浦さんの、ゴール。
いつもの?マビックディープリムが格好いい。
今回のコースに不向きでは?
あー、でも、下り区間も長いのでハイスピード区間では有利かも。


結局、後半、上位陣の順位の変動はなく
1位 M隊長
2位 K合君
3位 コルサでした。

今回の画像撮影はT橋さんにお願いしました。

次回は地獄のデュアスロンの予定です。

天狗党カップ第8戦を9月21日、行いました。

今回の参加者数は総勢なんと26名の参加でした。

ちょっとしたマイナーイベントのマイナークラスより参加人数が多そうです。
もちろん、人数が多いことは練習にもなりますし楽しいのですがトラブルの心配もあります。

今回はシートピンが緩く、サドルが下がった(A部さん・・・)などのマシントラブル、
単独の落車等がありましたが幸い大事には至りませんでした。



イメージ 1

一周目は、こんな大集団。
ちなみに今回は両クラスとも10周回(3.3キロ×10周回)、一斉スタートで行いました。



イメージ 2

天狗党カップは、ちゃんと周回表示板もあります。
第2周団は、なぜか、みんなオフィシャル?を気にしています(笑)



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

先頭集団の様子。
赤キャップのO氏、登りのスペシャリストですが、今日は登りもなくハイスピードの展開で辛そう。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

第2周団は、、ほぼ、この4人で進んでいきます。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

レース中盤、何度かアタックがありましたが、そのつど吸収されてしまいます。
まだまだ、集団が大きいですね。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

レース後半の先頭集団。
右すみの白いマイヨーがコルサ、残念ながらスローパンクで空気が抜けて(ウソ 笑)
本当は脚が、すでに売り切れて・・・



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

9周回の最終コーナーから世界のM井選手(競輪選手)がアタック。
多くの選手は何とかM井選手に追い付きましたが
開業準備で忙しく乗っていないM本君(前)とスピードが、もともとないコルサ(後方)が脱落。
ちなみに二人で先頭交替しながら最終回をクリア。
ゴール勝負はコルサがM本君をかわしました。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

手前は「やる気会」 優勝のM井選手、奥は「やる気会」2位のO川さん。

M井選手は現役の競輪選手、プロ スプリンターの意地?を見せました。
今度は登りステージにも来てね。

「お楽しみ会」 優勝はM田君でした。(本来、やる気会だろ)


コルサはクラス6位(22人中)でしたが・・・
上位4人は力のある若手(うち二人は大学生、次回は当然やる気会だからね)
+実力者のM田君
に続いての6位ですから、まぁ、よしとしましょう(笑)
ちなみに5位は「M隊長」、さすがです。



コルサのメーターによると平坦コースにもかかわらずマックス47.6キロ!!! 

アベレージは約37キロ超!!!
でも一周目はコース確認の為、スローペースだった事を考えると実際はもっと速い!!!
(1周目をのぞいた2周目からのアベレージは、どんだけ~!)

コルサはラスト一周で切れての記録だから上位陣はもっと速いんだよね。
クラブレースなのに、へたなホビーレースと変わんないじゃん(笑)

雨の為、一週間延期、他のレースと重なった事、大雨の影響(後片付け)等で
参加者は少なくなりましたが
31日は「天狗党カップ、第7戦」(通算第277戦)を開催しました。



今回のコースはヒルクライム主体です。
まずは豊川市の「ぎょぎょランド」から「そま坂峠」を越え宮崎地区にくだります。
ここまではレース区間ではなく長めのアップ区間としています。

レースは宮崎地区から「くらがり渓谷」入口を通り、田原坂を登るコースになります。
天狗党内では通称「裏本宮」と呼ばれるコースです。


「そま坂峠」はレース区間ではありませんが、コルサはクラス4位で峠着。
もちろん、この後のレース区間の為に体力をセーブする走り方で登りましたが、
ほとんど余裕はありませんでした。
「乗れてるつもりだったけどみんな、やっぱり速いなぁ」
「裏本宮は、やばいぞ」というのが正直な気持ちでした。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

宮崎地区 レーススタート前
手前、Y田さんは「天狗党 三代目ジャージ」を着用。



さて宮崎地区に集合しレーススタートです。
いきなり、「やる気会」の選手を使ってK鬼君がアタックしていきます。
2位グループは、とりあえず、泳がしておいて後で追いつく作戦ですが
距離が、あっという間に数百メートルに広がります。

そろそろ、坂が始まるところで、先頭を引く「コルサのペースでは遅い」と思ったのか
A部さんを先頭にK合君、F井君が急激にペースアップします。
コルサはこのペースアップに付いていけません、あっという間に3人にコルサは置いていかれます。

すぐに3人は先行していたK鬼君を吸収、4人の先頭集団になるのが見えました。

そして緩斜面区間から、くらがり渓谷入口付近にはいります。
ここからは狭く曲がりくねっており見通しが効かなくなります。
逃げる方には有利なコースと言えるでしょう。



イメージ 1

くらがり渓谷休憩所付近
先頭集団は3人(前からA部さん、K合君、F井君)、そして少し遅れてK鬼君が見えます。

この時点でコルサは大きく遅れて画像に写っていません(泣)
この時、コルサは
「後半、何とかK鬼君には追いつけるだろう、でも、その他3人に追いつくのは簡単ではないな」
と考えていました。

本格的な上り区間に入ると以外に早くK鬼君に追いつきました。
K鬼君をパスして先を急ぎます。

すると長い登りの前半で、すぐに二人が視界に入ってきました。
このあたりでコルサは調子が良くなってきたのを実感していました。
すぐに前の二人(K合君、F井君)に追い付けそうです。
この時は「一旦、追い付いたら二人の後方で少し休んで様子を見てから抜こう」と考えていました。
ところが追い付くころにはペースが全然、こちらの方が速いことに気がつきました。
そこで、追い付いた勢いで、そのまま一気に二人を抜き去ります。
少し、ピッチを上げて踏んでから後方を見ると二人は付いてきません。
これで、登り始めの5位から一気に単独、2番手です。


さて残るは昨年、不覚にもヒルクライムで負けた(笑)ライバル、A部さんです。
A部さんは今日の、そま坂峠も一番に登っています。
「今日も走れてるなぁ」「どのくらい差があるのかなぁ」と思っていると杉林の間から、
ちらちら姿が見えるではありませんか。
思ったより差が有りません。こうなると追う方のペースはどんどん上がります。

登り中盤の思ったより速い地点でA部さんに追い付きました。
ペースはやはり、こちらの方が、ずっと速いので、迷わず抜き去り、ついにトップに立ちます。
ここで、付いてこられては面倒なのでA部さんを諦めさせる走りをします。
ダンシングなどすると、「やっぱりつらいんだ」と思われてしまいます。
ここはシッティングのまま、ガンガン引き足を使って「普通に踏んでいるのに速い、追い付けない」と
思わせるのです(笑)
幸い、A部さんもすぐに諦めたようです。
あとはペースを落とさないようにゴールまで走るだけです。

そのまま、トップでゴールしました。


展開を考えてみると・・・
4人は本格的な登りに入る前にペースを上げ過ぎていたのではないでしょうか。
自分は、そま坂峠ではまだ調子が出ておらず、途中でペースアップした他の選手に
無理して付こうとせず、マイペースを守ったのが結果的に良かったのかもしれません。
なまじ、そま坂峠で調子が、よければ積極的に行き過ぎて、こちらの方が途中でペースを
崩すことになったかもしれません。
まぁ、いずれにしても勝ったという事で、何とでもいえます(笑)

今季、第7戦で、やっと初勝利、ヒルクライムでは、まだまだ若い衆には負けません(笑)


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

くらがり渓谷休憩所付近
スタート直後、とばし過ぎたか?
K鬼君、先頭集団から遅れてだして、この時点で4位。



イメージ 2

くらがり渓谷休憩所付近
コルサ、この時点で、まだ5位。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

くらがり渓谷休憩所付近
応援の声に思わず、横を見るY田さん、この時点で6位。



イメージ 3

コルサ、逆転1位でゴール。
ここはコルサの雄姿ではなく
裏の「道路情報」標識が、まだ
「通行止」「大雨」「ここから」と表示されているのに注目。
もちろん、すでに通行止めは解除になっていましたが。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

途中、先頭を引いてペースを作ったA部さん、ゴール。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

ゴール手前でのK合君。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

F井君、ゴール。



※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

圧倒的な速さで「やる気会」、一位のO氏の画像2枚

雨の為、中止になった第4戦(5月分レース)を第5戦(6月分レース)と
同時開催として予定した6月8日。
天気が心配されました。

集合時間頃、少しパラつきましたが、幸い、それほどひどくならず、天狗党カップを
本日、行う事が出来ました。

今回は第4戦をコース一周(約3,2キロ)のタイムトライアルとし、
第5戦をクリテリウムとしました。

あ、そうそう、タイトルに「無事」と書きましたが駐車場からスタート地点まで、
ゆっくり移動していたら
Aさんが転倒という事件がありました。

どうもスローパンクしていたタイヤに気がつかず、いつもどおりハンドルを切った為グリップのないタイヤが原因でスリップしたようです。幸い、たいした怪我もなかったのですが、大事をとって今日はレースを走らず。



イメージ 1

今回の場所は、神野西埠頭、通称「ベンツ クリテコース」です。
朝、みんなの集合前にコースの状況を確認に行きます。

「会長は偉いなぁ、6時に起きて開催の書込みをしたりコースを下見したり」
「えっ自分のアップだろう」って(笑)まあ、そりゃぁ、そうですけど・・・

その際、バス停で一枚、パチリ。「バス停名に注目」


イメージ 2

S氏の力走。カーボンエアロホイールとビアンキが素敵。

あれれ、ゴール直後とはいえ平坦のTT でインナーに入ってますけど(笑)
インナーで一周走ったのかな?



イメージ 3

K君の力走。思いの他(失礼)、TT、速かった。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

長期のブランクのあと、最近、復帰したTさん。

クリテでは終盤まで先頭集団についていくなど、着実に力が戻りつつある様子。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

N川氏の力のこもったスタート。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

N島氏の、同じく力のこもったスタートシーン。
コルサの組みなおしたホイール、どうでしたか?



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

M隊長の力走。さすがです。



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

N川氏のエアロフレーム?(コガミヤタ)効果ありましたか?



[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

NEWちゃん、ゴール。



※今日は、「やる気会」4名ということで二クラスに分けてレースをする事が出来ませんでした。
 その為、クリテの画像はありません。
 画像無しですが、とりあえず「お楽しみ会」のレースの流れなど。

一周のローリング後、レーススタート。一気にペースが上がる。
数周の間に何人かは脱落。

動きがあったのは3周目。しばらく鍼灸師の勉強で休んでいたM君がアタック
(最近、トレーニングはかなりしているらしい)。

このアタックは、あまりに鮮やかで、誰も反応できず。
(たいみんぐといい、スピードといい良かった)
コルサは後方からM君のアタックを予感していたが残念ながら今の脚では反応できず。
あえて、見逃す(笑)


約半周ちょっとの逃げのあと、徐々に集団に吸収される。
吸収されたら「カウンターアタック」する、センスのある選手はいるかな?と
見ているとK君がまずまずのカウンターアタックを決める。
切れ味は、それほどではなかったがタイミング的には、なかなかよくアタックが決まった。
しかし、このアタックも半周程度に終わる。

さあ、今度も「カウンターアタック」はあるかな、と思ったが誰も動かず。
それどころか、あまりペースが上がってこない。
ここで、自ら動きたい衝動に駆られるが、当然、気持ちだけでは走れないので自重する。

コルサが若かったら、K君の吸収の瞬間、絶対カウンターアタックしたと思うが
(それ以前にM君のアタックに反応しただろうが)
今日は、みんな、ゴールの着順狙いか動かない。
まあ、今日のメンバーでは仕方ないか(若い選手がいない為)
ここ以前でF君あたりにアタックしてほしかったところだが、どうも練習不足らしい。

また、もう一度、M君のアタックがあるかとも思っていたが、動かず。

結局、最終周回まで先頭集団のメンバーは変わらない。

最後の4コーナーから長い直線に入る。
ロングスプリントを掛けると思っていたのだがM君が、なかなか動かない。
慌てず、最後の最後でスパートして確実に復帰戦を勝利で飾るつもりらしい。
なるほど、それで2回目のアタックは無かったわけか。

一呼吸?置いてM君スパート。
このスパートにはついて行けないと最初から考えていたのでコルサはあえて、無視する。

ところがM君に反応するだろうと思っていたF君、K鬼君、K君辺りも反応が以外に遅い。
いや、ほんと、遅すぎますって(笑)
いつもなら、もっと早い段階でロングスパート合戦になるはずだが・・・・

ここで、2,3番手の誰かに飛びつく、つもりで加速していたコルサは思わず、前に出てしまう。

だがゴールまでは少し早い。「えー、どうする、どうする」と一瞬迷うが、ここで一旦
下がると再加速が辛いだろうし「ええぃ、行ったれ」とロングスプリント。

M隊長らを、かわして2番手に出る。でもまだゴールは遠い(笑)
スプリントしながら脇の下から後方を見るとM隊長の赤いリムが見えた。
「まずい、後ろにつかれた(笑)」結果的に自分の力ではゴールまでは持たない
ロングスプリントになってしまった。

結局、ゴール前でM隊長に抜き返され3位に終わってしまいました。

でも、エコカー準備で、あまり乗れなかったのに、この走りは少し出来過ぎ、意外。
実はコルサって結構、出来る子になってる?(笑)

3月23日は天狗党カップ第2戦(通算第272戦)でした。
場所は豊川市の山の中、山岳?周回コースです。
基本的には長~い登り、長~い下りの組合せになります。
ゴールは長~い登りの頂上(峠地点)になります。
峠地点からは結構ダイナミックな下りになりハイスピードコーナーが右左と
連続する為、登りで遅れると下りでも一気に離されてしまいます。
ハイスピードな下りを終えて突当りを左折してからも
傾斜は緩くなるもののスピードは結構早く、単独では前に追い付きにくいコースに
なりますから下りでは単独にならず集団に付いていく事が重要なコースです。
それが出来ないと、登りが早くても下りのロスを、なかなか取り返しにくいのです。
下り切ったところから左折すると緩斜面の登りがずっと続き、後半、斜度が
ました所を過ぎ左折、更にゴールまで登りが続くという厳しいコースです。

自転車競技チーム 天狗党HP
http://www2.starcat.ne.jp/~tengu/



イメージ 1

やる気会の集団です。
実業団登録選手もいる為、高レベルの戦いです。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

今回はゲスト参加のM兄弟の1,2フィニッシュでした。
画像は2位ゴールシーン。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

やる気会3位、天狗党1位のW辺さんのゴールシーン。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

N上君のゴールシーン。
ルックに乗りながらBSアンカーのジャージ(笑)
フォームは決まってる(!)
ルックの前はアンカーだったけ?


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

修行僧O氏のゴールシーン。
実業団選手を含む若手相手に中段グループのゴールは
大健闘。さすがです。
次回は、もっとクライマー向き?のコースを用意しておきましたから(笑)


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

久々の天狗党カップ参加、Y内さんのゴールシーン。
理由は聞き忘れたけど一年ぐらい乗っていなかったとの事。
彼のヒルクライムの力はこんなものではないはず。
次回に期待しています。


イメージ 2
※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

お楽しみ会の先頭集団。
F井、K鬼、K藤、M部、K合、コルサ(裏に隠れて、ほとんど見えず)
少し遅れてS浦、N島も見えます。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

S浦、N島の走り。
まだまだ若手に負けない熱い走りです。
S浦氏は、ここから徐々に順位を上げていきます。
凄いですねぇ。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

復活後、徐々に調子も上がってきたか、T橋氏。


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

あれあれ、昨年の年間チャンピオン、K合君が途中リタイアです。
理由は・・・・
いずれにしても良かった良かった(笑)


[[attached(,center)]] ※※ブログ容量確保の為、画像を削除しました※※

お楽しみ1位、K鬼君のゴール。
K鬼君は、これで初戦から2連勝。
(ちなみにM部さんが2戦連続2位)
K鬼君は「宮古島トライアスロン」の為の練習が順調なのか
結婚効果なのか調子を上げてきているようですねぇ。
今年の年間チャンピオンも狙えるかも。

次回の天狗党カップは
4月20日、本宮山になります。
詳細は決定次第、天狗党掲示板にアップします。

このページのトップヘ