コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: サンツアーの話

60年代のサンツアーのパーツシート、今までに上段のシフトレバー小物、プーリー、そしてインナーワイヤー部分を見てきました。

s-DSC_1602
↑台紙、左下2段の様子。

s-DSC_1602 (2)
↑これはテンションスプリング、右側、ひとつだけ使用されたようです。

s-DSC_1644 (2)
↑左の最下段には3種類のパーツが並んでいます。

一番左はRDのワイヤー固定部品一式(4セット)、シフト幅調整ボルト、スプリング(7本ほど)、プーリー固定ボルト(3本)などが用意されています。

余談ですが台紙に書かれた「JASCAグループ」というのは「ジャパン スポーツ サイクル アソシエーション」の略で島野工業所(㈱)、(㈱)前田鉄工、(㈱)杉野鉄工所、吉貝機械金属(㈱)、(㈱)極東製作所など関西の自転車関連部品会社が多数、所属していたようです。

s-DSC_1608
↑ちなみにこの台紙には各部品の単価が印刷されています。

s-DSC_1604
↑アウターワイヤーは短く切られて4本長さ違いで2種類、合計5本が用意されています。

s-DSC_1637

s-DSC_1632 (2)
↑↑、↑今回用意したグランプリRDは箱入りの未使用でしたが・・・ワイヤー固定ボルトがありませんでした。
(ワイヤー固定ボルトを流用された為、結局、売れ残った?)

今回の、このパーツシートのお陰で約55年ぶりに完品としてよみがえる?ことが出来そうです。

 

※「60年代 サンツアー パーツシート」終わり

s-DSC_1624
↑60年代のサンツアーのパーツシート、先日、シクロジャンブルの会場で知人からいただいたものですがいただいた時から気になったのが右下にある空き袋。
こうして見直してみても何が入っていたか気になりますよね。
最初の記事をアップした段階からsannow4713さんにも空き袋についてコメントいただいています。

また、空き袋以外にも中央に空きスペースが一か所、見受けられますが、これは左隣と同じ物が入っていたと推測されます。

s-DSC_1604
↑気になるのは、この部分ですよね。
なぜか空き袋だけで中身がない・・・中に何が入っていたのか?

sannow4713さんは

「ブラケット」、「プーリーケージ」などではと推測されていましたが・・・

実は正解がわかるのでした。それは・・・

s-DSC_1625

s-DSC_1609 (2)
↑↑、↑空のビニール袋を持ち上げると台紙にパーツ名と値段が書かれていたのです。

正解はインナーワイヤーでした。
たしかに台紙にはアウターワイヤーが残っていますからインナーワイヤーがないのは不自然な気がします。
また、「後」が「后」という漢字で書かれているのが時代を感じさせます。

sannow4713さんの最終予想?は当たりでしたか?(笑)

s-DSC_1645 (2)
↑それでは上から順に見ていきましょう。
一番後ろにあるのはシフトレバーの小物、2段目はプーリーでした。
s-DSC_1642 (2)
↑この部分ですね。
s-DSC_1612 (2)
↑シフトレバー小物の袋には4種類のパーツが入っており単価が書かれています。

s-DSC_1613 (2)
↑プーリーの小物の値段です。
「プーリー外輪」の値段が「¥60」となっています。
ちなみに、うちにある1967年10月の総合部品単価表でも同じ値段になっており、
このパーツシートも60年代後半の物と考えて間違いないようです。

s-DSC_1640 (2)
↑グランプリ
RDのプーリー部分。
パーツシートと同じくプーリー用防塵キャップは黒色仕上げとなっています。

 

※つづく 


s-DSC_1624

↑先日、ご紹介した60年代のサンツアー パーツシート。
RD、WLのスペアパーツ類が揃っています。

s-DSC_1650 (2)
↑パーツシート上部に書かれている部品実物が、やっと見つかりました。

s-DSC_1632 (2)
↑描かれているRDはグランプリ。
未使用品ですがワイヤー固定ボルトが紛失しています。

s-DSC_1635 (2)
WLはグランプリ、コンペティションなど当時のサンツアーRDに組み合わせられていたもの。

ただし、画像はコンペティション ツインというリターンスプリングがなくツインワイヤー式RD専用の物。
細かい部分は若干、仕様が違います。

 

次回はパーツシートの細かいところを見ていきたいと思います。

昨日、シクロジャンブルに参加、出店したことをお伝えしました。

出店、販売するのも楽しみですが他の出品者のブースをのぞくこともシクロジャンブルの楽しみです。

でも、今回は他の参加者のブースをのぞくことは、あきらめました。

それは二つの持病の為・・・

一つは手術から数カ月たちましたが、まだ体力回復がいまいちで動くのが億劫な為。
(今回の出店、片付けも弟子や友人の助けを借りてのこと)

そして、もう一つは持病の金欠病の為(笑)

他の方の出品物を見て回れば当然、物欲が沸いてくる・・・でも闘病生活で、お金はない(泣)
それを考えて今回は販売に専念したのでした(笑)

 

でも、とても良いお土産を手に入れることが出来ました。

それは、友人が会場でプレゼントしてくださったのです!


s-DSC_1605
↑サンツアー パーツシートです。

s-DSC_1601
↑サンツアーの予備部品はケース入りの物など時々、目にしますが、これは初めて見ました。

60年代のコンペティションRDのスペアパーツを袋詰めしてボール紙にレイアウトしたものです。

8種類ほどの部品が一枚のシートに貼られています。

 

このころのサンツアーRDが大好きな私にとっては、とても興味深い品物でお宝です。

プレゼントしてくださった〇〇さん、ありがとうございました!大切にします!

 

なお、このパーツシートのもとになる?コンペティションRDの実物もあるはずなので探し出して後日、記事にしたいと思っています。(いつになるかわかりませんが)
こう、ご期待?(笑)

ここのところ、フリー関係の記事が続いているので今回もフリーのお話。
今回取り上げるのは、サンツアーの超軽量フリーの名品、マイクロライト。
ただ、今、手元にサンプルがあるのはボディのみ(笑)
スプロケ付きは、みんな手放してしまい手元に一つも残っていませんでした(泣)

イメージ 1
↑これがマイクロライトの本体。

イメージ 2
↑特徴は抜き工具用のツメが6本なこと。
外す際、なめやすい、この部分の荷重を分散する狙いでしょう。
(同時期のスチール製、ニューウイナーは2本爪、のちのウイナープロは
 4本爪)
 
イメージ 3
↑右、マイクロライト、そして左は同時代の(スチール製の)
トップモデル、ニューウイナー。

イメージ 4
イメージ 5
↑重量を比較してみるとマイクロライト101gに対してニューウイナーは
189,5g、その差が88,gもあります。
比較の仕方を変えればマイクロライトはニューウイナーの53%ほどの重量しかないということになります。
これにスプロケット重量の差が加わりますからマイクロライトが圧倒的に軽量だったことがわかります。
販売されていた当時、どなたかが雑誌にマイクロライトは「プラモデルのように軽い」と書かれていましたが・・・まさに言い得て妙、その通りだと思います。
また、別の記事で本体までアルミ製でまともに使える軽量フリーはマイクロライトとZEUSぐらい、と読んだ記憶もあります。
マイヨールなどは軽量だったものの歯先が折れてしまって、まともに使える代物ではなかったのだそうです。
(失礼ながらZEUSがまともに使えるんだと、と意外に思った)
いずれにしても、まだ、カンパの軽合フリーが登場以前の話ですね。
 
イメージ 6
↑右、マイクロライト、左、ニューウイナー。
 
ニューウイナーフリー、マイクロライトのご先祖、ウイナーなどについて




このページのトップヘ