コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: 自転車専用 工具

s-DSC01453
↑レーサー板スパナ2点。微妙な違いがありますが」・・・

細かい違いには触れず(笑)この板スパナの使い方を見ていきましょう。

s-DSC01415
↑レーサー用板スパナの出番が多いのは、この古い鉄時代の天返しステムかもしれません。

s-DSC01420
↑ステムを固定している四角いボルトにぴったりフィット?

s-DSC01407 (2)
↑ステム突き出し部を固定したり緩めたりする大きなナットにも対応。

s-DSC01422
↑ハンドルバーを固定しているボルトにも対応。

s-DSC01435
↑もちろん、普通?のステムのボルトにも対応するサイズがあります。

s-DSC01443
↑ペダルの脱着もできます。

s-DSC01437
↑前後のホイールを固定する15ミリのナットにも、もちろん対応しています。

s-DSC01439
↑この部分ではハブの玉押しをひっかけるようにして調整をするといいますが・・・?
どんなハブに、どんな風に使うんでしょうか?私にはわかりません。

そういえばマファックの携帯工具セットにも似たような部分がありましたね。

s-DSC01447 (2)
↑このでっぱりは・・・厚みがありすぎてマイナスドライバーには少々苦しいかも。

s-DSC01449
↑でも競輪選手ならチューブラタイヤをリムに貼り付けるリムセメントの缶のふたを開ける時に、この部分は重宝するかも?と思いましたが無理っぽいです(笑)

s-DSC01450 (2)
BB左ロックリング回し?街道練習で万一、緩んだ場合、仮固定ぐらいなら出来るかなぁ?

2019年8月20日追記
友人から昔のヘッドパーツはロックリングと同じようになっているものもあるので、それにも使えるのではとコメントいただきました。
おっしゃる通りですね。
昔のヘッド小物にはロックリングのように切り欠きがあり、そこに引っ掛けて回す構造の物がありました。それらには使えそうです。
ただし、HPの種類によってはレーサー板スパナの5ミリの厚みがあだになるものもありそうです。
あと、固定ギヤ(小ギヤ)のロックリングにも使えそうですね。

※レーサー板スパナ、今回で終わり。 


s-DSC01404


 s-DSC01400

↑↑、↑今回取り上げるのは板スパナ・・・
1960年代に「レーサー用板スパナ」とか「競輪スパナ」とか言われて使われていたものです。

しかし板スパナというと、「こんなの使い物にならないよ」という声が聞こえてきそう。

確かに私もこの手の板スパナは使いにくくて実用にはなりにくい、というのはわかっているのですが・・・でも、このスパナ、実物を見ると、とても興味深く、また、面白い特徴があるのです。

s-DSC01933 (3)
↑それが、これ。昔のピストに使われていた9ミリシャフトなら、このようにハブ軸にねじ込んで携帯できるのです。
(ただし、画像は現在、通常使われている10ミリシャフトにねじ込んだ、やらせ画像)

s-DSC01934 (2)
↑昔の競輪選手は(60年代~)、このようにリヤハブ軸にねじ込んで街道練習に出かける時に携帯していったのだそうです。

s-DSC01441 (2)
↑その為に中央の丸穴にはハブ軸にねじ込むためのねじが切られていました。

 

さて、今更ですが・・・

今回、この記事を書くにあたって改めて調べていると思わぬことが判明しました。

この製品、作っていたのは(㈱)城東輪業社だと長年、思っていましたが実は(㈱)城東工具製作所というところなのだそうです。
この(㈱)城東工具製作所が現在も内外の多くの自転車部品用品を扱っている(㈱)城東輪業社と関係があるのか、ないのかは不明です。

 

※(㈱)城東工具製作所の1965年のカタログを掲示している"GAMI"さんのHP

HP→  http://cyclotourist.web.fc2.com/index.html

城東工具のページ→ http://cyclotourist.web.fc2.com/special_69.html

 

s-DSC01431
↑改めてレーサー板スパナを見ていきましょう。

なんと5ミリもの厚さがあり綺麗なメッキがかかっています。
よく完成車の「おまけ」についていた板スパナとはレベルが違うことがわかります。

s-DSC01428
↑重さを測ってみると219gもありました。

 

※さて、具体的な使い方は次回、その2で


s-DSC01293
↑今回、ご紹介するのはパークツールのダミーペダルという工具。

 

s-DSC01393
↑どういう時に使うのかと言うと・・・

この状態ではクランクが回しにくくて変速調整などがやりづらいでしょう?

組み立て中でペダルをまだ取り付けていない車両の変速調整時などに使います。


s-DSC01394
こうやって仮のペダルとして右クランクに仮付けするだけで作業がずいぶんやりやすくなります。

2000円少々と、それほど高くはないので、あなたも一本いかがですか?(笑) 

 

メーカーの使用例動画

→  https://www.hozan.co.jp/parktool/catalog/crank_pedal/DP-2.html#mov


イメージ 1

昔から手抜きグリスアップ(笑)に使っているのが注射器。

イメージ 2

最近使っているのはNIPROの製品。
専門のグリスガンも売られていますが多分、こちらの方が
コンパクトでずっと安い?

注射器にグリスを入れてハブなどにグリスを注入します。
古いグリスを拭き取らないので悪影響を心配する方も見えると
思いますが自転車ぐらいの負荷でこの構造の部品なら、
新しいグリスが定期的に行き渡っていれば、
まず問題ないでしょう、多分。

グリスの注入はさすがに先端から吸い上げるのは無理なので
ピストン部分を抜いてグリスを入れ込みます。

イメージ 3

ハブなどは片側のロックナット玉押しを緩め隙間を作って、
こんな感じでグリス注入。

手も汚れないし簡単、簡単。

また、手でグリスを塗ったりする際も小出しに少量ずつ
とれるのでとっても便利です。

イメージ 4

イメージ 5

ホコリ、汚れは厳禁なのでキャップをかぶせます。
キャップはちょうどサイズの良いチューブを切って反対側を
接着剤でふさいだモノ。
チープですが何の問題もなく、あるとないとでは大違い。

イメージ 1

今回は、こんな工具。
何も知らない中学生の時、この手の工具を初めて見たときは「頭いい!」
と感動したものの、
田舎の中学生でも、すぐにほとんど実用にならないことを、さとるのでした(笑)

この手の工具、調べてみると古今東西?いろいろなメーカーで作られていたようです。
(形にも少しは工夫、変化があったようです)

今回の工具は大きい方に4種類、小さい方に2種類のボルト穴が
作られています。
以前見たものには大きい方の頭に5種類、小さな方に4種類、計9種類の
サイズが用意されているものもありました。

軸の部分に「MADE IN」と文字が入っています・・・

イメージ 2

反対側を見ると「ENGLAND」の文字、こんな使えない工具でも「ENGLAND」の
文字を見ると、ありがたい気持ちになる自分って・・・(笑)
英国製とわかっても残念なのはメーカーの文字がないこと。
なぜメーカー名がないのでしょうか?
私のように英国製と聞くだけで、ありがたがる人が(昔は)多かったのか?

イメージ 3

イメージ 4

ただし、「ENGLAND」の文字を見て不安?と疑問が、わいてきます。
これって、ミリサイズなのか?インチサイズなのか?ということ。

よく簡単にインチサイズと口にする人も多いのですが・・・
おおざっぱに言っても2種類のインチサイズがあることは(実は)
あまり知られていないように思います。

2種類のインチを簡単に言うと・・・
ユニファイとウィットワースがありボルトの頭のサイズにも互換性は
ありません。
(もちろん、ともにメートルサイズとも違う)

これまた、おおざっぱに言うとユニファイはアメリカ中心で、ウィットワースは
イギリス中心として考えて良いと思います。
(細かい違いを書き出すと頭が痛くなるので・・・)


今回の工具を計測してみると・・・
どうやらウィットワースのようでした。
大きな方の4種類は5/16W(約15.24ミリ)、1/4W(約13,34ミリ)、1/8W(約8,64ミリ)、
そして、もう一つは1/8Wより、わずかに小さくウィットワースでのサイズは不明。
(3/32Wよりは、かなり大きかった)

小さな方の2種類は3/16W(約11,30ミリ)で、もうひとつは、
これもウィットワースでのサイズは不明・・・

もしかして不明なサイズなのは・・・
ユニファイが混ざっている?それともウィットワースで私の知らない中間的な
サイズの表示があるのか???

こんな実用性のない工具ですが・・・
英国製だし(笑)
未使用だけど意外に古いもののようだし、
ひとつぐらい文鎮代わりに机の上に転がっていても良いかも(笑)
あるいは旧車サイクリングの時に持参して仲間の故障の時に差し出すなんて
笑いを取れるかも・・・(爆)

※未使用なのは、やっぱり実用性がないだけかも

このページのトップヘ