コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: 古道サイクリング

先日、新城市の船着山から下山する際、通った松山峠を今回(2月14日)は
自転車で越えてきました。

松山峠は松山越とも呼ばれており調べると長篠の戦では重要な
場所の一つであることがわかりました。
ごくごく簡単に書きますと・・・
長篠の戦(1575)の際、武田軍、鳶ヶ巣山砦に織田、徳川連合軍の武将、
酒井忠次が奇襲をかけた際、進軍したのが、この峠だったのだそうです。
ちなみに、この奇襲成功は武田軍を大いに動揺させ主戦場(設楽が原)に
展開していた武田軍が決死の突撃を繰り返さざるを得ない状況に
追い込んだとする説もあります。

以前行った鳶ヶ巣山砦の記事。
http://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/28749064.html

まずは豊川左岸の県道69号線を走り市川という集落に向かって南に折れます。
この市川という集落は山の中で、
なんでこんなところに集落があるのかと思うような場所です。
しかし地図を見てみると長篠地区から松山峠を越えれば吉川を通り宇利地区に
抜ける最短ルートのように見受けられます。
宇利地区に出れば豊橋にも浜松方面にも行くことができます。
もしかしたら、このルートの為に、ひらけた集落なのかもしれません。

実は・・・
市川の集落の途中から松山峠へ続く林道へ行けるはずですが・・・
(集落の最下部付近からも別ルートがあるらしい)
この市川集落を抜ける道を確認したくなりました。
そこで峠まで行ってみることにしました。

イメージ 1

市川集落の中腹?
市川集落内のi家々の標高差は100m以上はゆうにありそう?

イメージ 2

市川集落の、かなり奥のほうまで登りました。
くねくねと曲がる道に沿って家が建っていることがわかります。
左からの尾根は船着山でしょうか?
豊川(とよがわ)、新城市街をはさんで遠くに本宮山が見えています。

イメージ 3

集落を抜けると林道に。

イメージ 4

林道の峠に着きました。
ここからは下って常寒山の北、中腹を通って大平の集落に下り
本長篠の駅近くに下るようです。
予定を変更して行ってみたいところですが・・・
今後予定している常寒山に登る際にルートが一部かぶることになりそうなので
今日は我慢しておくことにします(笑)

イメージ 5

峠から市川集落に戻り松山峠を目指すことにします。
市川集落の上からは奥三河の山々が見えています。
(方向的には・・・鳳来寺山方面??)

イメージ 6

市川集落を通り林道 船着山線へ。
この林道の途中から松山峠への道へ入れるはずですが・・・
思わぬ困難に?

仏坂峠旧道探索は大変だったものの距離が短く順調に終わりました。
まだ夕暮れまでは時間があるため、もう少し周辺を探索してから帰ることにします。

いくつかプランは浮かびましたが単純に距離を延ばすことよりも
仏坂峠に続いて古道の峠を訪問することにします。
(以前にも記事をアップしたことがある峠道です)

イメージ 1

仏坂峠を西側、海老方面に下ると連谷小学校ちかくのヘアピンカーブから見える尾根、
ここが次の目的地。

ただ、こちらから登るのは厳しいので(笑)別ルートから登ります。

イメージ 2

現在の車道から登って、いきなり峠のトンネル画像。

ここは(現在の)与良木峠といいます。
トンネルの上部には古道が一部残っていますが旧与良木峠は、
ここではありません。
トンネルの上部に旧の峠が存在しないという珍しい?峠になります。
では、旧の与良木峠はどこにあるのか?

旧与良木峠は、ここから東の山の中にあり、画像には映っていませんが
右手に伸びる道を進んでいくと旧道に合流します。

イメージ 3

尾根に近いものの山深く日当たりもあまり良い土地ではありませんが
水田の跡が残っています。
昔の人は米を収穫する為、こんな山深い所にも水田を開墾したのでしょう。
(杉の植林がされる前は今より日当たりが良かったのかも)

イメージ 4

雰囲気の良い古道が残っています。

イメージ 5

水田跡から離れると道は登りはじめ杉林の中に伸びています。

イメージ 6

ここが旧与良木峠。
でも、この峠の特徴は画像左手にあります。

イメージ 7

旧与良木峠の石仏群。

この場所には、かつて2軒の茶店があったそうです。

イメージ 8

イメージ 9

前回、アップした仏坂峠の西側に位置する与良木峠も三河と信州を結ぶ
重要なルートの一つでかつては往来する人馬がたくさんいたようです。
その安全を祈って周辺の商人がお金を出し合って作ったのが、この石仏群。
もともと、ここにまとめてあったのか峠道各所にあったものを、のちにここに
集めたのかは未確認。
(周辺の商人といっても近くには集落はなく海老、清崎、田口あたりでしょうか)

イメージ 10

旧与良木峠を東側に下っていきます。

峠に一番近いところにある民家。(今は住む人もなさそうな)
道は、この家の前で曲り更に下っていきます。

イメージ 11

そして下っていくと仏坂峠から下ってきたこの場所に。
(この記事、最初の画像と同じ)

尾根の近くに2軒ほどの民家と電柱が写っているのですが画像では
確認できないかもしれません。

現在の与良木峠トンネルが出来る前、また稲目トンネルが通れるようになる前は、
この峠道を越えるぐらいしかなかったのでしょう。
(稲目トンネルは、もともと田口線のトンネル。廃線後、整備され車の道となった)

イメージ 1

倒木、雪などに悩まされながらも幸い道跡らしきところは続き、
いよいよ尾根には峠らしき場所が、はっきり見えてきました。

イメージ 2

さらに近づいていくと尾根にしっかり切通しが作られており、
いずれにしても峠道に違いはなさそうです。

イメージ 3

そして切通しに。
依然来たときに反対側から見たはずの
仏坂峠の(記憶にある)イメージとは違いますが・・・

イメージ 4

西側に回ると信州往還 仏坂峠に間違いありませんでした。

画像、右手の崖の上から東海自然歩道が尾根伝いに、ここまで来ています。

10年ほど前でしょうか、一度尾根伝いに、ここまで来たはずですが、
その時の記憶とはずいぶんイメージが違っていました。

まあ、10年ほど前に来た時は東海自然歩道を一日、MTBを押し担ぎして
薄暗い冬の夕暮れに峠に到着。
(途中、タイヤサイドが切れて応急処置、また古いビンディングシューズの
 靴底がはがれるというトラブルもあり疲れ切っていた)

峠から東には降りていく道は、雑木が茂り踏み込む場所もないぐらい
もっと荒れていたように感じられました。

イメージ 5

イメージ 6

仏坂峠の名前の由来。

ただ、石仏は心無い人に持ち去られてしまったものも多いようです。

これから下る西側の道が特に険しく足を踏み外したり荷物が崖に接触したりして
バランスを崩し多くの馬が犠牲になったようです。

たとえ生きて道に引き上げられたとしても大きな怪我や骨折があれば仕事にはなりません。
その為、家族同然、大切な馬も泣く泣く処分され、その肉は荷物を拾い上げるのを
手伝った仲間に分けられたとのことです。

イメージ 7

それでは峠を後にして西側に下ることにします。

こちらは東海自然歩道ですから気楽に下れるはずです・・・

イメージ 8

画像でも、お分かりになるでしょうか?

自然歩道ですが、かなりの急坂です。

イメージ 9

大雪のせいでしょうか?それとも強風のせいでしょうか?

こんなところが自然歩道だけでも数か所ありました。
(2月の初めに来た時には、こんな場所は、なかったとハイカーに聞きました)

イメージ 10

低い位置に車道が見えてきました。

こんなところを荷物を積んだ馬で下るのは大変だったはずです。

イメージ 11

急な坂を下るのですが足が滑って右のワイヤーをつかまずには降りられませんでした。

イメージ 12

最後は階段で車道に降りますが階段も積もった雪で怖かった(笑)

自転車を持って行くことはできませんでしたが無事、
信州往還 仏坂峠の上部?を超えることができました。

イメージ 13

さて自転車まで戻らなければなりませんが・・・
来た道を戻る気にはなりませんので(笑)

まあ、トンネルを歩いて戻ることにしましょう。



さて、大変ではあったものの意外に順調に峠を越えることができました。
まだ少し早いので、もう少し周辺を探索していくことにしましょう。

東海自然歩道を、かしやげ峠(武田信玄が敗走したという)経由で鞍掛山に
登るという案が浮かびましたが、道標で調べてみると
これは、ちょっと距離がありそうです。

でも、せっかくなら古道の峠に行きたいし・・・

※つづく

先日、花丸峠周辺の探索に行った後、仏坂峠東側廃道に立ち寄ったことを書きました。
すると、もともと思い入れのあった仏坂峠ということで帰ってきてからも
気になって仕方ありません。
だいたい自分でも今まで未確認だったこと自体、不思議です。(笑)
そこで、後日、さっそく、仏坂峠東側の探索に向かったのでした。
(ご報告はパソコンが壊れたり仕事が忙しくなったりで遅くなってしまいましたが)



ここで信州往還、仏坂峠旧道の現状について整理しておきます。
(ただし峠周辺のみ。峠から離れると東西両方とも昔の道とは、全然違うらしい)

旧道の西側峠周辺は東海自然歩道として使われており
(当時と多少、ルートは変わっているかもしれませんが)
現在も峠まで通ることができます。

峠に達した東海自然歩道は旧道東側には行かず尾根伝いに伸びています。
その為、旧道東側は通る人もなく廃道になっています。


イメージ 1

西側(海老地区)から登っていくと仏坂峠は先日の雪が残っていました。
画像ではわかりにくいかと思いますが右手、電柱の左にあるのが東海自然歩道の階段。


イメージ 2

仏坂峠のトンネル(西側入り口)。
(このトンネルが完成する1971年まで仏坂峠を車で越えることはできなかった)

この画像(と1枚下の東側の画像も)で見ると尾根まではたいした標高差もないように
見えますが東海自然歩道がある西側でも峠までは、そこそこ高低差があり簡単ではありません?

イメージ 3

そして仏坂峠トンネルの東側。

前回の記事の通り、東側旧道は、このトンネルの上側(左側)を通っていたようで、
トンネル建設によってなくなってしまったようです。

その後はこの画像の右手より林業関係者が山に入る道があったようですが
これも前回の記事の画像のようにすでに廃道化してしまっています。

イメージ 4

今回も、ここに自転車をおいて歩いて登ることにします。
それにしても、結構な雪の量。

いつもSPDシューズで行ってしまう自分ですが今回は珍しく(用心深く)
トレッキングシューズを背負ってきたので、ここで履き替えます。
軽いハイキング用のシューズですがくるぶしの上まで、しっかり覆ってくれるので
雪の侵入、けがを防いでくれて安心です。

イメージ 5

もともと、危なっかしい橋ですが雪で更に危険なので無理せず、
川に降りて越えて行くことにします。

イメージ 6

トンネルの上に登り古道と思われる地点から現在の道を見下ろしたところ。
滑って落ちないように注意・・・

イメージ 7

トンネルの上から振り返り峠方面を見ます。
これだけ、しっかり道の痕跡があれば安心ですね、って普通の人には理解できませんよね(笑)

イメージ 8

古道の跡は問題なく?続いていますが、
この辺りは土が薄く、その下は岩盤のようで倒木が多い。

イメージ 9

そして、この間、引き返した地点に到着。

この間は夕暮れだったせいもありますが今回は、まだ午前中ですし天気も良く、
そのうえ雪のせいで森の中でも、とても明るく感じ気持ちが軽い。
前回の下見の時とは気分的大きな違い(笑)

だが、この先、道の痕跡はあるのでしょうか?

イメージ 10

中央のくぼんだ所が古道の跡なのか、
それとも水で削られただけなのか判断がつきかねます。

ただ見回して地形を見る限り、このあたり以外に道を作ることはなさそうなので、
もう少し登ってみることにします。

イメージ 11

先ほどの地点から、すぐ上に右に折り返すように道跡が続いていることが
確認できました。

これで一安心?

イメージ 12

一安心と思ったら、すぐに、この状態。

かなりの太さの木がごろごろしています。
倒木なのか間引いた木なのか、それとも・・・

イメージ 13

また道?は反転し尾根に向かって続いているようです。

しかし、倒木の間の雑木に雪が積もって落とし穴のようになっていますし
雑木も意外に手ごわく危険で、なかなか前に進めません。

でも、ここが古道跡なのは間違いなさそうですが・・・そう信じたい(笑)
それにしても歩いて進むのがやっとなぐらいですから自転車を置いてきたのは正解でした。

イメージ 14

あちこち、ぶつけたり、擦りむいたりしながらも登っていくと・・・
尾根に近いところに峠らしき切通しのように見えるところが近づいてきました。
あれが仏坂峠なのか、それとも・・・

※つづく

イメージ 1

先回、ご報告した花丸峠、その東には仏坂峠があります。
(今回の記事は、先日ご報告した花丸峠の帰りに探索したものです)
画像は仏坂峠のトンネル西側になりますが古道(仏坂峠)は、もちろん、
山を越えていました。
現在、東海自然歩道が尾根伝いに、ここ仏坂峠まで通っているのですが
峠からは、このトンネル西側に降りてくるルートになっています。
(これが仏坂峠の旧道西側)
この古道の峠、かつては荷を背負った馬がたびたび転落する危険なルートで
現在は(画像の右側に)階段で降りてくるようになっています。
ただ以前から疑問なのは仏峠から東に下るルート。
記憶では東海自然歩道の「仏坂峠」地点にも西に下る道はあっても東に下る
ルートは痕跡も感じられませんでした。

イメージ 2

これは仏坂峠のトンネルを東側から見たところ。
この画像ではトンネルから尾根までは、ほんのわずかしかないように見えます。
(1、2枚目とも実際より更に画像の方が近く感じると思います)

「これなら迷っても簡単に行けるんじゃないの?」
と思うほど、甘ちゃんではありません。
今までそう思って山に分け入り何度痛い目を見たことか(笑)

イメージ 3

トンネルの東側入り口から少し手前に道があることは以前から
気が付いていました。
その奥はどうなっているのか、今回探索してみます。
(ただし、冬の日暮れは早いので行動時間は1時間と決めて)

おっと、沢があり橋がかかっています。これは古道(旧峠道)の痕跡か?

イメージ 4

ただ、橋はこんな様子。
自転車はここに置き歩いていくことにします。
歩きでもこの橋は危ないので沢に下りて歩いて越えることにします。

イメージ 5

橋から右手と左手と両方向に、古道の「におい」が感じられました。
まずは右手方向に。
(ここが道の跡と思う方がおかしい???)

イメージ 6

すぐに道の痕跡は消えうせてしまいました。
尾根はすぐそこに見えますが・・・
古道の痕跡は感じられなくなってしまったので、こちらは断念。

イメージ 7

橋の近くまで戻って、こんな所を登っていきます。
(ここは結果的に古道ではないと思う。本来は最後の画像の方が古道ではないかと)

イメージ 8

すると沢に沿って溝状の地形が。
これは人馬が通ることによって削られた古道の痕跡ではないのか?

イメージ 9

しかし、まもなく、こちらのルートも、この有様。
それでも尾根までは、もうほんのわずかに見えます。
古道の痕跡はないものの尾根まで行ってみたい衝動に駆られますが・・・
東海自然歩道を歩くハイカーの姿か声が聞こえたら、この先にアッタクしたのでしょうが(笑)
東海自然歩道の難所区間?を真冬の夕方近くに、歩く人などいるわけもありません。
(もともと、前方の尾根が東海自然歩道かどうかも確かではありません)
単独と言うこともあり、本日はこれで断念。

イメージ 10

下っていくと最初の橋からは少し方向が外れた方向に道らしき痕跡がのびていました。
(先ほどの橋は古道の痕跡ではないのかもしれません)
この道を辿っていくと・・・2枚目の画像のトンネルの上部に出て道は途切れていました。
トンネル工事の段階で峠からの古道は失われたのでしょうか。
はじめ(1、2枚目の画像)の、あの橋は林業関係者が古道とは関係なしに
造った物だったのかもしれません。

ここも近いうちに確かめたいものですが・・・
案外、東海自然歩道を西側から登って仏坂峠を再度、探索したら意外に
簡単に古道の痕跡が見つかったりして?(笑)

このページのトップヘ