コルサの毎日がヒルクライム

カテゴリ: 自転車 タイヤ

前回も書いた通り、チューブラタイヤを知らないレーサーが増えています。そんな中で「俺はチューブラタイヤを知っているぞ」という方も、まず知らないであろうタイヤを今回はご紹介します。
今回、ご紹介するのはヴィットリアJUNIORES 22です。いうまでもなくヴィットリアは現在も多くのタイヤを販売しお世話になっている方も多いでしょう。そんなヴィットリアに今でも22インチのチューブラタイヤが販売されていることを知る人は、ほとんどいないでしょう。(普通、気にも留めないしね)

s-DSC03565
↑ヴィットリアJUNIORES 22、ヴィットリアの22インチ、チューブラタイヤです。日本では22インチのチューブラタイヤを装備したロードレーサーは、ほとんど流通したことはなかったと思いますが自転車レースが盛んなヨーロッパでは、かつて子供用ロードレーサーとして22インチだけではなく20インチ、24インチ、26インチなどのチューブラタイヤを装備したレーサーが販売されていたようです。(現在はチューブラタイヤではなくクリンチャータイヤを装備していますが)

s-DSC03564
↑パターンは多くの方がお世話になっているヴィットリアの普及品タイヤ、ラリーなどと大差はないようです。

s-DSC03574

s-DSC03601
↑↑、↑リムに、はめずエアーを充填して測定すると太さは約23,7ミリほど。

s-DSC03559
↑今回、とある倉庫の奥で発見したヴィットリアJUNIORES 22インチ、長期保管品と思いますので実用はどうかと思いますが必要な方がいたら差し上げます。

 DSC01764

8779f959

1d9e5b9a
↑↑↑、↑↑、↑自分が愛用してきたミニヴェロレーサーの一部。

さて、最後になりましたがタイトルの「憧れ」について。かつてミニヴェロレース(小径車のレース)に私は熱中していました。車輪径の小さなミニヴェロはギヤ比を大きくしないと高速で走ることが出来ません。その為、ギヤ比を大きく取れるパーツが必要です。一般的に入手できるパーツで大きなギヤ比が取れるのはシマノで考えるとタイムトライアル用のチェーンホイールで57T、リヤは11Tが一般的でした。
そして、今更ですが、そもそも小径車とは何インチの自転車を指すのか?24インチも一般的に考えれば小径車でしょうが・・・当時の自転車レースのレギュレーションでは「小径車クラスには24インチ車輪は含まず22インチ以下の車輪」を参加条件にしているレースが多かったように記憶しています。先にも書いた通りレースでのギヤ比の関係もあり少しでも大きな車輪が有利なはずでレギュレーションで許される22インチを検討することになります。しかし、調べてみても22インチでレースを戦えるようなミニヴェロは販売されていません。そこで思いついたのが70年代に市販されていたヨーロッパの22インチチューブラタイヤです。当時もいろいろ探しているとヴィットリア ジュニアーチューブラは22、24,26インチと国内販売されていることに気が付きました。そして22インチのチューブラタイヤの外径は調べてみると20インチWO(451)より若干大きいだけだ、ということもわかりました。フレームによってはギリギリ20インチWO(451)のフレームに納まるようです。
チューブラタイヤ+パイプリム(チューブラタイヤ用のリムのこと)なら20インチWO(451)+クリンチャーリムの組み合わせよりはるかに軽量で、わずかに径も大きい、いいことずくめです?そうなればホイールを作ろうとリムを探しました。70年代のカタログを見るとイタリアのニジーなどが輸入販売されていたことがわかりましたが・・・・それから20年近く経った当時、ネットオークションから大きなサイクルショップさんで探しに探したのですが結局、リムは手に入らず22インチチューブラタイヤでミニヴェロレースに参戦することはかないませんでした。そう、憧れた22インチチューブラタイヤでレースに出ることは22インチリムを探し出すことが出来ず結局、かなわぬ夢となったのでした(笑)
ちなみに20インチのリムはニジー製、アラヤ製エアロタイプなど手持ちがあり当時市販されていたパナレーサー チューブラタイヤと組み合わせて使用しました。超軽量ではあったものの20インチHEサイズホイールより外径が小さい為、トータルギヤ比では軽過ぎて高速が頭打ちとなりレースでは高成績を残せませんでした。

最近のサイクリストはロード乗りでもチューブラタイヤを使ったことがない人がほとんどでしょう。チューブラを使ったことがあるとしたら「ベテラン」、「競輪選手&ピスト競技者」がほとんどでしょう。でも、それ以外にも使われるチューブラタイヤもあるのです。それは「ホイールチェアー(車椅子競技用車)」です。クルマ椅子トラック競技用タイヤには超軽量チューブラタイヤが現在でも多く使われるのです。

s-DSC03569
↑今回、ご紹介するのはパナレーサー RAPIDE 16 120という製品。今回のサンプルは16インチで、かつては競技用クルマ椅子の前輪に使われたサイズだと聞きましたが現在、このサイズは、ほとんど使われていないようです。(現在の前輪は20インチが主流、後輪に26または27インチが使われる)

s-DSC03572
↑パターンは、スリックではありませんが、いかにも抵抗が少なそうなもの。このタイヤ、基本的には同社のピスト競技用タイヤがベースになっていると思われます。

s-DSC03578
↑「16」の文字は当然、16インチを表しています。「120」は平均重量と思われます。

s-DSC03599 (2)
↑太さを測ってみました。空気をしっかり入れて測ってみると約18.6ミリほどでした。

s-DSC03567
↑多分、ショップさんの倉庫に20年ぐらいは眠っていたと思われますので実用にはならないでしょう。それでも、欲しいと言われる方には差し上げますけど・・・

s-DSC_2732
↑これからトレーニング&サイクリングのメインの使用タイヤになるのがミシュラン クリリオン.2エンデュランスです。

1d1e22bb
↑これは2017年6月に506キロほど走ったころの画像。それが・・・

s-DSC_2735
↑これが3年間ほったらかしにしておいたツケ?細かい亀裂だらけになってしまいました(泣)

このタイヤ、調べてみると2017年6月に使いだして1000キロを超えたあたりで休止していました。その間、ほかのタイヤをメインに使ってきて気が付けば3年ほどたってしまいました。これでは経年劣化の進行も仕方ない。

s-DSC_2738 (2)
↑このタイヤは何もトレッドパターンがないので摩耗の進行度合いがわかりにくいのです。タイヤ中央部分の厚みを測定してあるので厚みの変化で摩耗を確認することもできますがタイヤを外さなくては測定できません。まあ、摩耗が進めばこの「とんがり形状」が、すこし丸みを帯びて更に走れば平坦気味になってくるのでしょう。しかし、経年劣化させてしまったタイヤを、そこまで使うことが出来るのか?それが問題になってきそうです。最低でも3000キロぐらいは走りたいものですが。

トレーニングに履いているミシュランタイヤが11月13日に、最終目標にしていた走行5500キロを超えました。実をいうと6000キロまで伸ばそうかと考えていたのですが家に帰ると間もなく後輪がペッチャンコ。パンクしていました。それで、これを機に、ご苦労様でしたとすることにしました。

s-DSC_2708 (2)
↑先に書いた通り、通算、5538キロを走行して家に帰るとパンクしていました。タイヤを点検すると小さな鉄片らしき物が。どこで踏んだかわかりませんが家まで帰れたのは、まだ運が良かったですね。

 

毎回書いていますが念の為。現在使用中のタイヤはショップの売れ残り品を使っているので前後別銘柄になっています。一本はミシュラン パワー オールシーズン25、もう一本はミシュラン パワーエンデュランス25です。エンデュランスは長期在庫品だったようで使い始めてすぐに全体にひび割れが発生してしまいました。

 s-DSC_2716

↑最終的にフロントに履いていたのはミシュラン パワーエンデュランス25。田舎ゆえ未舗装路もバンバン走ったせいかネーム部分までボロボロ。

s-DSC_2724
↑未舗装路を走ったツケでしょうかサイドも削れ危ない状況()

b1b37250

s-DSC_2723 (2)
↑↑、↑走行577キロ時の様子(ひび割れは長期在庫品の為でしょう)と総走行距離5538キロ時の様子。使用内訳はフロント3498キロ、リア2040キロ。

s-DSC_2718 (2)
↑摩耗限界を示すと思われる、くぼみ周辺はこんな具合。

 

 

s-DSC_2705
↑最終的にリヤに履いていたのはミシュラン パワー オールシーズン25。こちらもネーム部分までボロボロ()

a3550717-s

s-DSC_2715 (2)
↑↑、↑走行577キロ時のの様子と総走行距離5538キロ時の様子。使用内訳はフロントでの使用、2040キロ、後輪での使用3498キロ、総走行距離5538キロ。

こちらはリヤでの使用が多い割には、まだまだ使えそうな様子。フロントのパワーエンデュランス25がもう少し良い状態ならば、まだ走っても良いかという状態。

s-DSC_2710 (2)
↑摩耗限界を示すと思われる、くぼみ周辺はこんな具合。

 

ドライ路面はもちろん雨の日も何度か走りましたが自分程度の走りでは両方ともグリップに特に不満もありませんでした。

パワー オールシーズン25の方はパワーエンデュランス25に比較してリヤの使用が多いのにもかかわらず、まだまだ使用できそうな摩耗具合。それでもサイドの傷み具合などを勘案してこのタイヤセットは総走行距離5538キロで使用をやめることにしました。それでも、この手のタイヤで、これだけ走れれば、まあ経済的なタイヤであったと思います。また、両方とも25Cの太さのせいか乗り心地も良く未舗装路もバンバン走ったにも、かかわらずパンク回数も少なく(最後の最後にパンクしたけど)とても気に入っていました。

この次は、一応、新品で買って1000キロほど使用。その後、ほかのタイヤばかり使っていて(今回のタイヤなど)時間が経ってしまったタイヤを、ご紹介します。

トレーニングに履いているミシュランタイヤが10月末に、走行5000キロを超えました。

 毎回書いていますが念の為。現在使用中のタイヤはショップの売れ残り品を使っているので前後別銘柄になっています。一本はミシュラン パワー オールシーズン25、もう一本はミシュラン パワーエンデュランス25です。エンデュランスは長期在庫品だったようで使い始めてすぐに全体にひび割れが発生してしまいました。

s-DSC03656 (2)


s-DSC03604
↑↑、↑現在フロントに履いているのはミシュラン パワーエンデュランス25フロントでの使用3046キロ、後輪での使用2040キロ、総走行距離は5086キロになります。
懸念劣化によるひび割れ、摩耗もかなり進んできています。

s-DSC03605 (2)
↑タイヤのひび割れは古いので、ある程度仕方がないと思いますがタイヤサイドの劣化が著しく不安にさせます・・・これはダートでも平気で走ってしまうのでタイヤのせいと言うよりも私の走り方に問題があるのでしょう()

s-DSC03654 (2)

s-DSC03624 (2)
↑↑、↑現在リヤに履いているのはミシュラン オールシーズン25フロントでの使用2040キロ、後輪での使用3046キロ、総走行距離は5086キロになります。摩耗はそこそこ来ていますが、溝が、まだ残っていて、もう少し使えそうな様子です。

 

5000キロを超えたところで終了するつもりでしたが・・・フロントはともかくリヤに履いているミシュラン オールシーズン25の方は、まだ良い状態なので??このまま前後入れ替えもせずに使い続けることにしました。それでも、さすがに5500キロを超えたら終わりでしょうかねぇ。

このページのトップヘ