コルサの毎日がヒルクライム

タグ:飛行機

少し前に「三ヶ根山の飛行機エンジンその1」で三ヶ根山スカイラインの比島観音の
前にある三菱製の瑞星エンジンをご紹介しました。

今回は同じく三ヶ根山スカイラインですが西の方にある殉国七士廟近くに置かれた
飛行機のエンジンを探しに行きます。

イメージ 1

殉国七士廟近くを歩いて探していると・・・ありました。
このエンジンは渥美半島沖の海中で網にかかり引き上げたものだそうです。
このエンジン以前はB―29のものとされていましたが詳しく調査した人たちの
話により三菱開発番号A18A型エンジンであるとわかっています。
エンジン形式は空冷複列星型18気筒です。

イメージ 2

こちらはプロペラはなく、また更に腐食がひどい感じがしました。
搭載されていた機体は三菱四式重爆撃機 飛龍(キ67)とのことでした。

イメージ 3

プロペラはありません。
上部はプロペラシャフト減速ギヤ、下部の凹凸の付いた2段のプレートはバルブを
駆動するプッシュロッドを作動させるカムプレートと思われます。

イメージ 4

シリンダー上部のロッカーアームカバーの様子。

イメージ 5

シリンダーにはプッシュロッドとの干渉を避ける為の凹みが作られているのが
わかります。

イメージ 6

ロッカーアームカバーがなくロッカーアーム及びバルブスプリングが見えています。

イメージ 7

バルブスプリング。

イメージ 8

シリンダー内部、ピストンが腐食してコンロッド上端がもう少しで見えそうです。

※三ヶ根山の飛行機エンジン 2基終わり。

愛知県西尾市幡豆町の三ヶ根山に大戦中の飛行機のエンジンがあるというので
見に行って来ました。
このことは以前から聞いてはいたのですが見に行くのは初めてです。
具体的な場所は三ヶ根山スカイライン途中の駐車場から行く慰霊碑群の中の
比島観音の前になります。

イメージ 1

このエンジンは豊橋市高塚町 沖800mで底引き網にかかり比島観音奉賛会に
寄贈され、ここに展示されるようになったのだそうです。
背後にある説明板に「ゼロ戦について」の文字が見えますがゼロ戦に搭載された
エンジンではないことがわかっています。

イメージ 2

調査したチームによれば
三菱製の瑞星エンジン(空冷複列星型14気筒 1080馬力)
で100式司令部偵察機、2式複座戦闘機(屠龍)などに搭載されていた
のだそうです。

調査したチームのHP


イメージ 3

吸気排気どちらかわかりませんがバルブが残っていました。
意外なことにメッキされていたようで、わずかに輝きが残っています。

イメージ 4

ピストンが腐食しコンロッドの先端が見えていました。

イメージ 5

こちらはシリンダー部分が脱落し(腐食し?)ピストン側面、コンロッドが
観察できます。
オイルリングが上下2本だったことがわかります。

イメージ 6

シリンダー側面。
ねじ込まれている、これは点火プラグでしょうか?

墜落したのが、いつなのかわかりませんが底引き網で引き上げられたのは
1977年だそうなので終戦の年からとしても36年ぐらいは海中に
あったことになります。
戦後70年以上経ち腐食が激しく悲しい姿のエンジンでした。

※三ヶ根山スカイラインには、もう一か所、大戦中の飛行機のエンジンが
  あるので、この後、探しに行きました

今回は、中でも一番興味深い機体だった零式艦上戦闘機52型の画像を
まとめてアップしておきます。

イメージ 1

三菱・零式艦上戦闘機52型を見る、私コルサと弟子。


一口に零銭と言っても進化の過程で多くの形式があります。
(11型、21型、32型、22型、52型甲、52型丙、62型、54型丙など)
このミュージアムに展示されている機体はHPによれば52型甲と
なっていました。

あいち航空ミュージアムHP
https://aichi-mof.com/aircrafts/index.html

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

5月3日は、「デローザのタキちゃん」の案内で、あいち航空ミュージアムに
行って来ました。

イメージ 1

以前、トヨタ博物館に(レストランでの)食事と(ミュージアムショップでの)
ショッピングを含め、「なんと6時間半滞在」したという二人ですが・・・

私も飛行機には、それほど詳しくないし、ここでは、それほど時間は
かからないだろうと思っていましたが・・・
(模型機100機を見るだけで盛り上がり?、けっこう時間がかかりました)
結局、案内役のタキちゃんを、ずいぶん待たせることになってしまいました(笑)

それにしても
ピトー管、機銃、電探、星型エンジン、フラップ、引き込み脚など知らないことに
次々、興味を持って質問してくる姿勢は、とても評価できるかと。
(こちらも、たじたじだったりして)

イメージ 2

三菱MU-300を背景に、タキちゃんと弟子。

イメージ 3

そして実機では一番の目的だった零式艦上戦闘機を見る弟子とコルサ。

イメージ 4

零式艦上戦闘機については後日、複数の画像をアップする予定。

イメージ 5

YS―11

イメージ 6

三菱MU―2

イメージ 7

三菱MH-2000

イメージ 8

飛行場を眺めて。

師匠?と呼ばれる私、コルサは 
「毎日が低空飛行の人生」
だけど弟子には
「大きく飛び立って行ってほしい・・・」
と願う(笑)

イメージ 9

ところが・・・その直後
飛行機パフォーマンス??に興じる弟子とタキちゃん。

密かにとはいえ「大きく飛び立って行ってほしい」
と願った直後に、この姿・・・
やはり弟子の教育方針を間違っていたのか?(笑)

イメージ 10

タキちゃんに無理やり撮られてしまった弟子とコルサの2ショット。
ちゃんと二人で正面向いている画像は貴重?(笑)

イメージ 11

この日は飛行機の発着は見られなかったもののヘリコプターは何機か
飛んでいました。
これは自衛隊の輸送機を背景に着陸するメーテレ機。

イメージ 12

同じくメーテレ機。

イメージ 13

イメージ 14

こちらの2枚はCBC機。
このシーンを見て弟子の一言が・・・
「浮いてる~」
う~ん、まあ確かに間違いではないが・・・もう少し何か言いようがないものか?
やはり弟子の教育方針を間違っていたのか?(笑)


イメージ 15

これは・・・中日新聞社でしょうか?(未確認)
TV局や新聞社?のヘリコプターがたくさんいたという事は何か事件?
それともGWの渋滞か何かの取材だったのでしょうか?

この日、タキちゃんを訪ねたのには、ほかに大きな理由がありました。
それは・・・次回に。

イメージ 1

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、陸軍三式戦闘機 
飛燕(キ61)の分解展示状況。

イメージ 2

イメージ 3

飛燕の「ハー140」液冷倒立V型12気筒発動機(エンジン)
メッサーシュミットに搭載されたDB601エンジンの国内製造版。

イメージ 4

過給機(スーパーチャージャー)

イメージ 5

プロペラ スピナー

イメージ 6

イメージ 7

ハミルトン式可変三翅プロペラ。

イメージ 8

主脚。

イメージ 9

主脚カバー。

イメージ 10

主翼、主脚収納部分。

イメージ 11

木製の落下式燃料タンク。
製造時のフィルムが映像で見られるようになっていました。
内部に構造を支える板がありそれに薄板を貼って布で
補強したものとのこと。

※おわり

このページのトップヘ